Page: 1/166   >>
ひつじのショーン/ビッツァーのひみつ|ピクシー絵本
0

    JUGEMテーマ:キャラクターの絵本

     

    ひつじのショーン/ビッツァーのひみつ|ピクシー絵本

     

    ひつじのショーンのなくてはならない相棒、牧羊犬ビッツァーが主役のお話です。

    「ひつじのショーン/ビッツァーのひみつ(Shaun das Scaf, Bitzer Geheimnis)」

     

    早速、中味を見ていきましょう。

     

    ダイエットのために毎日ジョギングする牧場主につきあうビッツァー。

     

    ひつじのショーン/ビッツァーのひみつ1

     

    でも、本当はこっそりサボって、お菓子をつまみ食いしていました。

     

    ひつじのショーン/ビッツァーのひみつ2

     

    これを見ていたのが、ショーンと仲間のひつじたち。

    ビッツァーが隠していたお菓子を横取りしてしまいます。

     

    やせることができた牧場主がごほうびのお菓子を食べようと戸棚を開けると…

     

    ひつじのショーン/ビッツァーのひみつ3

     

    野菜に入れ替わっていました。

    こっちの方が体にいいですからね。

     

    牧場主からすると、ビッツァーは気が利いたことに。

    相変わらずの結果オーライでした。

     

    商品情報はこちらです。

     

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    banner_24.gif
    blogram投票ボタン
    にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
    fc2バナー

     

     

    | Tote(トート) | 11:49 | - | - |
    Petzi はペッツィなのよ、やっぱり。
    0

      JUGEMテーマ:キャラクターの絵本

       

      ラスムス・クルンプのピクシー絵本

       

      こんにちは、ブッククーリエ店長のTote です。

      昨日から、ブッククーリエ店頭では Petzi(ペッツィ)のピクシー絵本が並びはじめました。

       

      ペッツィはデンマーク生まれのくまちゃんです。

      1950年代に新聞漫画のキャラクターとして誕生しました。

       

      以前の日本では、絵本を含め公式にキャラクターグッズなど販売されていませんでしたが、2年ほど前から公式キャラクターグッズが販売されるようになりました。

       

      しかし、そのキャラクター名はラスムスクルンプ=Rasmus Klump

      まあ、こちらが本来のデンマークでの名前なんですけどね。

      Petzi(ペッツィ)はドイツでの名前なのです。

       

      これまでは、けっこう前から主にドイツで出版や製造された本や雑貨が少しずつ輸入されていて、密やかながら、(Tote も含め)彼のファン層はいると思います。

       

      そういう人たちにとっては、ペッツィなんだよね、やっぱり。

      また、ドイツでは引き続きペッツィなので。

       

      そこで、ブッククーリエ では、主に大見出しなどではペッツィとラスムス・クルンプを併記していくようにします。

       

       

      blogram投票ボタン
      にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
      banner_24.gif
      fc2バナー

      このエントリーをはてなブックマークに追加

       

       

       

      | Tote(トート) | 16:47 | - | - |
      ひつじのショーン/アイスクリームやさん|ピクシー絵本 が再入荷
      0

        JUGEMテーマ:キャラクターの絵本

         

        2068  Shaun das Schaf  EISK ALTE UMLEITUNG-1.jpg

         

        ヨーロッパでも日本でも、テレビの人気ものひつじのショーンのこのピクシー絵本が再入荷しています。

        「ひつじのショーン/アイスクリームやさん(Shaun das Scaf, Eisuk Alte Umleitung)」

         

        もともとはイギリスのクレイアニメのシリーズで、ゆるーいユーモアの中に光るちょっぴりブラックなギャグが魅力的。

         

        アニメシリーズの第4期のお話の一つがこの絵本になりました。

        ショーンたちがかなりの悪さをするのですが…、内容は以前にご紹介しています。

         

        商品情報はこちらです。

         

         


        blogram投票ボタン
        にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
        banner_24.gif

        fc2バナー

        このエントリーをはてなブックマークに追加

         

         

        | Tote(トート) | 17:17 | - | - |
        この秋はキャラクターの絵本で
        0

           

          こんにちは、ブッククーリエ店長の Tote です。

          台風一過かと思ったら、夏に逆戻りしたかのような天候になったり…

          しかし、読書の秋ですよ!

          本を読みましょう!

           

          さて、ブッククーリエ 店頭では今年1年にわたり、いろんな動物の絵本をご紹介してきました。
          先日メルマガでもお知らせした通り、少し気分を変えて、キャラクターの絵本への入れ替えを始めました。動物キャラクターが中心になりますが…。

          まずは、ピクシー絵本から。

          というと、「ピクシー絵本にキャラクターものなんてあるの?」とお思いの方もいるかもしれませんが、あるんです!

          テレビの人気者「ひつじのショーン」が登場しています。


          そして、ゆるーいユーモアが魅力のあのクマちゃんも、後ほどお目にかかる予定です。

           

          元気でかわいいあの子たちがお待ちしております。

          ぜひ、ご来店くださいね。

           

          当店のメルマガ会員にご登録いただければ、商品の入荷情報をいち早くお知らせいたします。ご登録はショップのトップページ左下から、お願いいたします。

           

           

          このエントリーをはてなブックマークに追加

          banner_24.gif
          blogram投票ボタン
          にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
          fc2バナー

          | Tote(トート) | 15:23 | - | - |
          チェルトナムのパーティ|リトルゴールデンブック
          0

            JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

             

            チェルトナムのパーティ|リトルゴールデンブックチェルトナムのパーティ|リトルゴールデンブック表紙

             

            ペットの動物たちの楽しいリトルゴールデンブック です。

            「チェルトナムのパーティ(Cheltenham's Party)」

             

            人間の家族がいない間、ペットの動物たちは何をしていると思いますか?

             

            ねこのチェルトナムは人間のルード夫妻と暮らしています。

            今日は夫妻そろってお出かけのようです。

             

            チェルトナムのパーティ|リトルゴールデンブック1

             

            ルード夫妻を見送ったあと、チェルトナムはおおいそがし。

            家のおそうじをして、パーティグッズを用意して…

             

            チェルトナムのパーティ|リトルゴールデンブック2

             

            そして、ペット仲間の動物たちをたくさん呼んできました。

            いろんな動物がいますね。

             

            チェルトナムのパーティ|リトルゴールデンブック3

             

            いったい、何がはじまるの?

            それは、こんな楽しそうなパーティでした!

             

            チェルトナムのパーティ|リトルゴールデンブック4

             

            こういうパーティは、人間が全く知らないうちに行われるんだそうです。

             

            ねこに限らず、ペットを飼っている人なら誰でもムフフとなる絵本です。

            商品情報はこちらです。

             

             

            blogram投票ボタン
            にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
            banner_24.gif
            fc2バナー

            このエントリーをはてなブックマークに追加

             

            | Tote(トート) | 16:06 | - | - |
            こねことおかあさん|ピクシー絵本
            0

               

               

              キュートでおしゃれなねこのピクシー絵本が再入荷しています。

              「こねことおかあさん(Mama Miezemau und ihre Kinder)」

               

              実は、この絵本には大切な意味があります。

              最初に発行されたピクシー絵本8冊のうちの1冊でした。

              今回入荷したのは復刻版です。

               

              読んでいるうちに なんだか優しいしあわせな気分になれる絵本なんです。

               

              若い ねこのお母さん Miezemau(ミーツマウ)が主人公。
              ミーツマウはとてもすてきな小さな家に住んいます。
              お家と庭をいつも きれいにしているんですよ。

              今日はいとこが訪ねてくるので、クッキーを作って、お茶の用意。

               

               

              やってきたいとこを家の中に案内します。


              「なんて すてきなおうち!

              でも、いちばん大事なものを まだ見せてもらってないわよ。」
              そこで、ミーツマウが案内した部屋には…、

               

               

              生まれたばかりの3匹のこねこ。

              なんて かわいいんでしょう。


              そう、ミーツマウは赤ちゃんが生まれて、お母さんになったばかり。

              いとこはこねこたちを見に来たのです。

              ミーツマウが家事をしたり 子ねこたちを抱いたりしている様子がとても優しく繊細なタッチで描かれていて、赤ちゃんが生まれたばかりのお母さんの幸せな気分が伝わってきます。
              洋服や家具もおしゃれですね。

              商品情報はこちらです。

               

               

              banner_24.gif
              blogram投票ボタン
              にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
              fc2バナー

              | Tote(トート) | 13:52 | - | - |
              動物を描くということ 10
              0

                JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

                 

                8月14日の続きです。

                 

                以前、学童保育の先生から「今どきのアニメなんかの動物キャラクターはデフォルメされすぎ」ということを聞いた。デフォルメされすぎていて、それぞれの動物の特徴は顔だけで、犬もねこもうさぎも体はほとんど同じ。

                 

                なので、そういうアニメを見ている子供たちは、動物を描くときには そういう動物を描いてしまうんだとか。これは、ちょっと由々しいことですよ。

                 

                また、最近、保育園の先生に聞いたのが、「この頃は親子で動物園に出かける人たちが減っているみたい」。つまり、初めて実物のぞうさんやきりんさんを見る年齢が上がっていっているということです。

                 

                ということは、小さな子に動物の絵本を見せるなら、かなりきちんと動物が描かれたものを見せたいものです。見せなきゃいけない。

                 

                そう思うと、昔の動物の絵本はすごく良くできているなー。

                リチャード・スカリーガース・ウィリアムズなどはもちろん、あまり知られていない作家さんの絵本でも(例えば、これ)。

                 

                写真がまだ貴重だった1950年代や60年代までは、絵本には図鑑の役割もあったと思います。だから、この時代のリトルゴールデンブック とピクシー絵本を見ていると、特に優れた動物の絵本が多いみたいです。

                 

                今となっては、なんともぜいたくな図鑑ですが。

                 

                 

                blogram投票ボタン
                にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
                banner_24.gif
                fc2バナー

                このエントリーをはてなブックマークに追加

                | Tote(トート) | 17:51 | - | - |
                ぞうさんが空を飛ぶ|ピクシー絵本 が再入荷
                0

                  JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

                   

                  ぞうさんが空を飛ぶ|ピクシー絵本表紙

                   

                  ちょっぴりユーモラスなピクシー絵本

                  「ぞうさんが空を飛ぶ(Ein Elefant kommt gelogen)」が再入荷しています。

                   

                  おさるとぞうさんのなかよしコンビが空を飛んでパリを目指そうとするお話。

                  ゆるーいユーモアに満ちたカートゥーンタッチの楽しい作品なんです。

                   

                  ヨーロッパのウィットが感じられる、どことなく大人っぽいイメージの絵本です。

                  内容は以前にご紹介しています。

                   

                  商品情報はこちらです。

                   

                   


                  blogram投票ボタン
                  にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                  banner_24.gif

                  fc2バナー

                  このエントリーをはてなブックマークに追加

                  | Tote(トート) | 15:44 | - | - |
                  インクレディブルファミリーを観て来た 3
                  0

                     

                    9月6日の続きです。

                     

                    インクレディブルファミリーは、これまでのピクサーの集大成かつ、とてもアニメらしいアニメだと Tote は思いました。

                    なんだか懐かしいくらい。

                     

                    アニメの中のキャラクターは、やはりアニメらしい方がいい。

                    だから、アニメでは不気味の谷を追求する必要はないよなーと思えた。

                     

                    そんなアニメらしいパー家のメンバーでしたが、加えて、ヒーローらしかった。

                    ヒーローは、やっぱりヒーローらしい方がいいよ(コスチュームがタイツでも。そこは、ほらアメリカだから、アメリカンヒーローで行こう)!

                     

                    今はヒーロー(英雄)不在の時代だといわれているらしいです(日本としては応仁の乱の時代に似ているんだって)。

                     

                    何かそんな存在があってほしいなと思うのは、凡人の身勝手な願望かもしれないけど。

                    正義を貫こうとしてもいろいろと大変ですからね。

                     

                    久しぶりにヒーローらしいヒーローたちを観られてよかったです。

                     

                     

                    blogram投票ボタン
                    にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
                    fc2バナー

                    banner_24.gif

                     

                    このエントリーをはてなブックマークに追加

                    | Tote(トート) | 14:44 | - | - |
                    どうぶつはなにがすき?|リトルゴールデンブック
                    0

                      JUGEMテーマ:海外の名作絵本

                       

                      どうぶつはなにがすき?|リトルゴールデンブックどうぶつはなにがすき?|リトルゴールデンブック表紙

                       

                      「どうぶつはなにがすき?(The Very Best Home for Me!)」

                      ガース・ウィリアムズによるリトルゴールデンブックですが、日本でも翻訳出版されているので、ご存知の方も多いかも。

                       

                      シンプルなお話ですが、なかなか奥が深い名作です。

                       

                      森の奥深くの小さな家に、いろんな動物たちがいっしょに暮らしていました。

                       

                      どうぶつはなにがすき?|リトルゴールデンブック1

                       

                      ここでは、みんな仲よく楽しく暮らしていたのですが、たった1つ困ったことがありました。それは、それぞれが食べるものが違うということ。

                       

                      どうぶつはなにがすき?|リトルゴールデンブック2

                       

                      みんなで話しあった結果、それぞれの家を見つけることにしたのです。

                      森の家には、りすが残ることになりました。

                       

                      どうぶつはなにがすき?|リトルゴールデンブック3

                       

                      それから、みんな好きな食べものが手に入る場所に家を見つけることができました。

                       

                      どうぶつはなにがすき?|リトルゴールデンブック4

                       

                      みんなバラバラに暮らすことになったけど、それはケンカしたのではなく、お互いを尊重しあったから。

                       

                      「みんな違っていても、いい」ということですが、ガース・ウィリアムズの絵本では、その先にそれぞれの「自立」があります。これからも、この動物たちは良い友人であり続けるでしょう。

                       

                      商品情報はこちらです。

                       

                       

                      blogram投票ボタン
                      にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
                      banner_24.gif
                      fc2バナー

                       

                       

                      | Tote(トート) | 13:50 | - | - |

                      Calendar

                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode