Page: 1/156   >>
第3号目録づくりが遅れております。
0

    JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

     

    こんにちは、ブッククーリエ店長の Tote です。

     

    ブッククーリエではおととしから、毎年クリスマスごろに目録を発行することにしています。

     

    8月にお伝えした通り、今年も第3号目録を作りはじめてはいるのですが、…遅れております。何かといろいろとありまして、遅れているというより、ちょっとストップしているというか。

     

    毎年クリスマスの時期にお買い物していただいたお客様にプレゼントしているのですが、今年はそれには間にあわないかもしれません。本当に、すいません。

     

    とはいえ、年明けになるかもしれませんが、必ず発行はいたします。

     

    取り急ぎ、第1号第2号の目録をよろしくお願いいたします。

     

     

    blogram投票ボタン
    にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
    fc2バナー

    banner_24.gif

    | Tote(トート) | 13:57 | - | - |
    ディズニー版 白雪姫と七人の小人/1993年版|リトルゴールデンブック
    0

      JUGEMテーマ:海外の名作絵本

       

       

      ディズニーの「白雪姫と七人の小人/1993年版(Snow White and the Seven Dwarfs)」が再入荷しました。

      先日、お話ししたグスタフ・テングレンがアートワークを手がけた作品でもあります。

       

      世界初の長編カラーアニメーションとして映画が公開されたのは1936年。

       

      1949年に同名のリトルゴールデンブックの初版が発行され、その後、再版をくり返しています。今回は1993年版が入荷しました。

       

      中身をちょこっとお見せします。

       

      7人の小人たちと楽しく暮らす白雪姫。

       

       

      魔女は邪悪そうですね〜。

      からすも性格悪そう。

       

       

      背景の描き込みが濃厚ですね。

      この作品は、アニメーションの金字塔といわれていますが、それまで軽いイメージだったカートゥーンアニメと一線を画すものになりました。

       

      また、ディズニー初のプリンセスものですが、この後のディズニープリンセスのひな形にもなっていると思います。

       

      商品情報はこちらです。

      1950年代発行の14版もございます。

       

      blogram投票ボタン
      にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
      banner_24.gif
      fc2バナー

       

       

      | Tote(トート) | 20:27 | - | - |
      ディズニー・アート展に行ってきた。 4
      0

         

        10月25日の続きです。

         

        ディズニーのコンセプトアートは、メアリー・ブレア以外にも、けっこうスゴい人たちが手がけていました。

         

        なかでも、今回のディズニーアート展での(Toteにとっての)見ものは「白雪姫」のコンセプトアーティストをつとめたグスタフ・テングレン(Gustaf Tenggren)の手描きスケッチ。

         

        グスタフ・テングレンの名前を聞けば、「ピン!」と来るリトルゴールデンブックのファンの方は少なくないでしょう。

         

        そう、テングレンは、「はずかしがりやの子猫」「ポーキーリトルパピー」などの作をたくさん生み出した、リトルゴールデンブックにとって、なくてはならない重要な作家の1人です。

         

        テングレンがリトルゴールデンブックを手がけるようになったのは、ディズニーでキャリアを積んでからのこと。テングレンにとって、ディズニーはやはり「人使いが荒かった」らしいですw

         

        それはさておき、今回の展覧会では、彼の白雪姫の手描きスケッチが見られて、Tote は感激でした。

        そのとき思ったんだけど、白雪姫の表情がはずかしがりやの子猫に似ていて、なんかうれしかったです。

         

        グスタフ・テングレンの絵本はこちらでご覧いただけます。

         

         


        blogram投票ボタン
        にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
        banner_24.gif

        fc2バナー

        | Tote(トート) | 16:53 | - | - |
        ピクシー絵本のシンデレラ
        0

          JUGEMテーマ:童話

           

           

          ピクシーにもシンデレラの絵本はあります。

          グリム童話の本場、ドイツの絵本ですからね。

           

          「シンデレラ(Aschenputtel)」

          カッコ内のタイトルは、もちろんドイツ語です。

           

          ディズニーのシンデレラと見比べるのも良いですが、こちらはこちらで、とてもキュート。

           

           

          コニーちゃん(Conni)シリーズでおなじみのEva Wenzel-Bürger さんによる、少女ぽくとても愛らしいシンデレラです。

          Eva Wenzel-Bürger さんの他の作品はこちらでご覧になれます。

           

           

          こちらの絵本では、シンデレラの靴は金。

          原作に忠実ですね(ガラスの靴はディズニーの創作です)。

           

          商品情報はこちらです。

           

          blogram投票ボタン
          にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
          fc2バナー

          banner_24.gif

          | Tote(トート) | 11:59 | - | - |
          作家別の検索ができるようになりました。
          0

            JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

             

            こんにちは、ブッククーリエ店長のTote です。

             

            ご来店いただいたことがある方はご存知だと思いますが、ブッククーリエは、リトルゴールデンブックとピクシー絵本専門のヴィンテージ絵本ショップ。

             

            リトルゴールデンブック、ピクシー絵本それぞれリアルに1000冊以上蔵書しているのが自慢なのですが、ネットの在庫もそれなりに数百を超えております。

             

            考えると、ネットショップはリアル書店のようにお客様が「自分の目で見て探す」ことができません。

            ネットショップで商品を選びやすくするのって検索しやすくすることなのです。

             

            これまで、店頭ではリトルゴールデンブック、ピクシー絵本をまず大カテゴリーにし、それをジャンルごとに分けていたのですが、これに加え、作家別にも検索できるようにしました。

             

            そうなんです。絵本選びをするときって、作家って重要なインデックスですよね。

            まだ、すべての作家の網羅ができていませんが、追々、増やしていきます。

             

            お買い物しやすい環境を整えていきたいと思いますので、今後ともブッククーリエをよろしくお願いいたします。

             

             

            blogram投票ボタン
            にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
            banner_24.gif
            fc2バナー

            | Tote(トート) | 17:43 | - | - |
            雑誌に関するアンケートにご協力ください(再掲)。
            0

              JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

              こんにちは、ブッククーリエ店長の Tote です。

               

              ブッククーリエでは、絵本好きのみなさんがどんな雑誌(紙媒体)を読まれているか知りたいと思い、アンケートを実施しています。

               

               

               

               

              お手数ですが、ご協力いただければ幸いです。

              どうぞよろしくお願いいたします。

               


              blogram投票ボタン
              にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
              banner_24.gif

              fc2バナー

              | Tote(トート) | 17:31 | - | - |
              シンデレラのおともだち/1973年版|リトルゴールデンブック
              0

                 


                先日は、ディズニーの「シンデレラ(Cinderella)」をご紹介しましたが、シンデレラにはかわいい小さなお友だちがいたのをご存知ですか?

                 

                屋根裏で暮らしていたころ、シンデレラをはげましてくれた小さな動物たちです。

                そんな彼らを主人公にしたスピンオフのリトルゴールデンブックです。


                「シンデレラのおともだち/1973年版(Cinderella's Friends)」

                この小さな動物たちがシンデレラと王子さまの結婚を祝ってパーティの用意をする、というのがこの絵本のストーリーです。



                小鳥とねずみたちが、とてもキュートな1冊。

                 

                詳しい内容は以前にご紹介した初版と同じです。

                また、この絵本は版によって、何種類か表紙があります(こちらで見比べてください)。


                商品情報はこちらです。

                 



                fc2バナー
                にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
                blogram投票ボタン
                banner_24.gif

                | Tote(トート) | 12:41 | - | - |
                シンデレラ/1950年版|リトルゴールデンブック
                0

                   

                   

                  メアリー・ブレアが生んだディズニープリンセス、シンデレラの絵本です。

                  「シンデレラ/1950年版(Cinderella)」

                   

                  同名のアニメ映画が公開されたのが1950年。

                  同時にリトルゴールデンブックも出版されました。

                  長年にわたり、再版をくり返していますが、今回ご紹介しているのは初版と思われる版です。

                   

                  メアリー・ブレアはディズニー社初の女性アートディレクターでしたが、彼女によるシンデレラのキャラクターイメージは、後のディズニープリンセスたちのキャラクター造型に大きく影響していると思います。

                   

                  この絵本はごく初期の版なので、メアリー・ブレアのアートスケッチに近い雰囲気が味わえます。

                   

                   

                  商品情報はこちらです。

                   

                  *1970年代発行のオーストラリア版もございます。

                   

                  blogram投票ボタン
                  にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
                  banner_24.gif
                  fc2バナー

                   

                   

                  | Tote(トート) | 15:44 | - | - |
                  ディズニー・アート展に行ってきた。 3
                  0

                     

                    10月5日の続きです。

                     

                    Tote にとっての今回のディズニーアート展の収穫はペンシルテストに加えて、歴代の主要作品のコンセプトアートが見られたこと。

                     

                    コンセプトアートとは、アニメーションや映画などのビジュアル全体のコンセプトデザインのことです。広告や出版の世界でいうアートディレクションにあたります。

                     

                    1つの作品の世界観の大元になるものだから、作品全体の方向性はこのコンセプトアートにかかっているといえるくらい大切なもの。

                     

                    つまり、作品のできあがりはコンセプトアート以下のものになることはあっても、以上になることはない。

                     

                    したがって、コンセプトアートをつくる人は、非常に重要な役割を持つわけですが、ディズニーでは、けっこうすごい人たちが出がけています。

                     

                    そんな中で最近有名になった人が、メアリー・ブレア

                    彼女の作品は、ブッククーリエでもまとめて見れるようになっています。

                     

                    続きます。

                     

                     


                    blogram投票ボタン
                    にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                    banner_24.gif

                    fc2バナー

                    | Tote(トート) | 14:30 | - | - |
                    かえるの王様/2001年版|ピクシー絵本
                    0

                      JUGEMテーマ:童話

                       

                       

                      グリム童話にはプリンセスのお話が多いですが、内容もいろいろ。

                      中でも、このお話はロマンチックというより、かなり結果オーライな気が(Tote はけっこう好きなんですが)…。

                       

                      「かえるの王様/2001年版(Der Froschkönig)」です。

                       

                      井戸に金のまりを落としたお姫さま。

                       

                       

                      友だちになってあげるからと言って、かえるにまりを拾ってもらいますが、約束を無視してお城に帰り、訪ねて来たかえるをかなり邪険にしたあと、投げ飛ばしますw

                       

                       

                      すると、かえるは魔法がとけて、本来の王さまの姿に戻り、そのあと、2人は幸せに暮らしました。

                       

                       

                      このお姫さまって、何かいいことした?

                       

                      このお話は何回もピクシー絵本になっています。

                      いろんな絵柄が楽しめますが、この版はご覧の通り、大人ぽくアーティスティックな仕上がりです。

                       

                      商品情報はこちらです。

                      同じタイトルの他の絵本は、ブッククーリエのグリム絵本のコーナーをご覧ください。

                       

                       


                      blogram投票ボタン
                      にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                      banner_24.gif

                      fc2バナー

                      | Tote(トート) | 15:05 | - | - |

                      Calendar

                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode