Page: 1/152   >>
こどもたちの動物園|リトルゴールデンブック
0

     

     

    すてきな動物園を描いたリトルゴールデンブックをご紹介します。

    「こどもたちの動物園(A Visit to the Children's Zoo)」、こども専用の動物園です。

    明るくポップに、ちょっぴりおしゃれに描かれています。

    スージーとネッドの小さな姉弟がやってきたのは こどものための動物園。
    この動物園の中では子供だけで自由に遊べるんです。
    この扉ページから、ワクワクします。

     

     

    こうして動物たちとふれあうこともできます。

     

     

    これが、この動物園の全景↓

     

     

    とっても楽しそうでしょ?

    こどもだけのものにしておくのはもったいない。

    この絵本の初版発行は1963年、ニューヨークのセントラルパーク内にある Children's Zoo をモデルに描かれました。


    今でもこの動物園、あるのかな?

    あれば、ぜひ行ってみたいですね!

     

    商品情報はこちらです。

     

     


    blogram投票ボタン
    にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
    banner_24.gif

    fc2バナー

     

     

    | Tote(トート) | 14:36 | - | - |
    絵本に出てくる動物って、 3
    0

      JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

       

      7月12日の続きです。

       

      絵本によく出てくる動物の話をしていますが、アメリカのリトルゴールデンブックとドイツのピクシー絵本では、という限定です。

       

      それぞれによく登場する動物ベスト3は7月7日の先日の記事「絵本に出てくる動物って、」の通りなのですが、くま と ねこ が最もメジャーということになりそうですな。

       

      ところで、それに加え、4位以下はどうなのかも気になりませんか?

       

      それが、けっこうリトルゴールデンブック、ピクシー絵本ともにばらけているんですよ。

      ひつじ、やぎ、きつね、ぞうさん、あひる、うま、などなど。

       

      昔話や伝承系では、欧米では、ひつじ、やぎ、きつね、うま あたりが多いですね。

      昔から身近な動物なんでしょう。

      きつね は日本の昔話にも多いですよね。

       

      日本では、めずらしい動物なのだけど、ドイツのピクシー絵本にとてもよく出てくるのが、はりねずみ。

      ドイツでは、本当に身近な動物のようです。

       

      続きます。

       

       

      banner_24.gif
      blogram投票ボタン
      にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
      fc2バナー

       

      | Tote(トート) | 21:54 | - | - |
      3びきのひつじ|ピクシー絵本
      0

        JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

         

         

        ひつじのピクシー絵本をもう1冊ご紹介します。
        「3びきのひつじ(Drei kleine Lämmer)」
        以前ご紹介した「あひるのひよこ(Die Entchen)」と同じ絵柄の絵本です。

        こちらもイラストレーター名の記載がないのですが、リバティプリントのような独特な味わいのある絵です。

        動物たちの微妙な表情がなんともいえません。

        タイトルからもおわかりの通り、3匹の子ひつじのお話です。
        元気よく遊ぶ子ひつじたち。

         

         

        ぴょん、ぴょーん、って感じでほんとうに元気そう。

        遊ぶのに夢中で、いつの間にか牧場の外に出てしまい、迷子になってしまいました。
        最初は心配していなかったのですが、だんだん心細くなってきて、のども乾いてきました。
        なんか、他のひつじも混じってる。

         

         

        「ぼくたちのうち(牧場)はどこ?」
        疲れて座りこんだところに、同じ牧場に住むうさぎたちが…、

         

         

        「牧場はこっちよ。」うさぎについて行けば、もう大丈夫。

         

         

        「おかえりー、君たちのお母さんが待ってるよ。」

        牧羊犬が迎えてくれました。
        この犬は Lumpi といって、このシリーズの他の絵本にもちょこちょこ登場するんですよ。

        商品情報はこちらです。

         

         

        blogram投票ボタン
        にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
        banner_24.gif
        fc2バナー

         

        | Tote(トート) | 20:54 | - | - |
        絵本に出てくる動物って、 2
        0

          JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

           

          7月7日の続きです。

           

          前回、アメリカのリトルゴールデンブックとドイツのピクシー絵本によく出てくるベスト3(ブッククーリエ調べ)を発表しました。

          それぞれ微妙な違いがあるのは、お国柄でしょうか。

           

          少しの違いはあるものの、両方ともベスト3に同じ2種類の動物が入っています。

          それは、くま と ねこ。

           

          うーん、両方とも人気の動物なんですな。

           

          ねこはどこの国でも身近な動物ということでしょうね。

          絵本以外のジャンルでも、有名キャラクターもいるし。

           

          そして、くまさんです。

          くまといえば、ぬいぐるみの動物としても圧倒的に多いんですって。

           

          ドイツのピクシー絵本に出てくるベスト1動物はくまさんです。

          あっ、そういえば、ドイツはテディベア発祥の地。

           

          続きます。

           

           


          blogram投票ボタン
          にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
          banner_24.gif

          fc2バナー

           

           

          | Tote(トート) | 22:26 | - | - |
          メッテちゃんのひつじ|ピクシー絵本
          0

            JUGEMテーマ:海外の名作絵本

             

             

            このピクシー絵本が再入荷しました。

            「メッテちゃんのひつじ(Susis Lämmchen)」

             

            とびきりキュートで、「なつかしい!」と思うピクシーファンも多いはず。

            1970年代に日本でも出版された大人気の1冊です。

             

            内容はマザーグースの「メリーさんのひつじ」と同じ。
            メッテちゃんのひつじはメッテちゃんが大好きで学校についてきてしまいます。

             

             

            ところで、ドイツ語版の原題では女の子の名前は Susi =スージー ですが、日本語版では メッテちゃん になっています。


            Susi という女の子は昔のドイツの絵本によく出てきます。

            英語圏のメリーと同じように、ドイツではポピュラーな名前なのかな。


            しかし、なぜに 日本語版では メッテちゃん?
            デンマーク語版ではメッテちゃんだったのかな?
            謎です…。

             

            商品情報はこちらです。

             

            banner_24.gif
            blogram投票ボタン
            にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
            fc2バナー


            | Tote(トート) | 15:08 | - | - |
            絵本に出てくる動物って、
            0

              JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

               

              いま、ブッククーリエ店頭では、動物の絵本たちがせいぞろいしております。

              本当にいろんな動物の絵本があるなーと思うのですが、絵本にいちばんよく出てくる動物って何なんだろう?

               

              ブッククーリエので蔵書でいえば、主にアメリカで出版されたリトルゴールデンブックとドイツのピクシー絵本を扱っているので、ほとんどアメリカとドイツの話になります。

               

              これまで、動物の種類ごとに数えたことはなかったので、売り切れた分も含めて店頭在庫を数えてみました。

              いずれも、作家・キャラクターものを除いて、次の通りでした。

               

              リトルゴールデンブックによく登場する動物ベスト3

              1位 うさぎ

              2位 ねこ

              3位 くま

               

              ピクシー絵本 動物ベスト3

              1位 くま

              2位 ねずみ・はりねずみ

              3位 ねこ

               

              続きます。

               

               

              blogram投票ボタン
              にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
              banner_24.gif
              fc2バナー

               

               

              | Tote(トート) | 18:31 | - | - |
              いろいろこねこ|リトルゴールデンブック
              0

                JUGEMテーマ:海外の名作絵本

                 

                 

                この絵本も、特別なねこちゃんのリトルゴールデンブックです。

                「いろいろこねこ(The Color Kittens)」


                リトルゴールデンブックを代表する1冊といっていいぐらい、ロングセラーの1つです。

                初版発行は1949年、日本でも翻訳版がハードカバーで出版されています。

                こねこのハッシュとブラッシュはペンキ屋さん。
                いろんなペンキを混ぜて、自分たちの瞳と同じみどり色を作ろうとしますが、

                 

                 

                どの色と色を混ぜれば みどりになるのかわかりません。

                いろいろ、混ぜているうちに世界中の全ての色を作り出してしまいます。

                その過程がとても楽しいんです。

                 

                やっと、みどりができました。

                 

                 

                みどりは何の色?

                欧米には小さなこどもに向けた色をテーマにした良い絵本が多いです。

                色彩教育というのかな。大人も じゅうぶん楽しめます。


                ポップなモチーフの造型ときれいな色使い、デザイン的にも優れた絵本だと思います。

                知育絵本としても、よくできています。

                商品情報はこちらです。

                 

                 


                blogram投票ボタン
                にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                banner_24.gif

                fc2バナー

                | Tote(トート) | 13:32 | - | - |
                もっともっと、動物たちのリトルゴールデンブックとピクシー絵本
                0

                  JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

                   

                  今年の梅雨はヘンですね。

                  東京ではあまり雨が降らないけど、湿度はしっかりあるし、猛暑日になったり。

                  日本中どこも、こんな感じ?

                  早くカラッとしてほしいですね。

                   

                  さて、ブッククーリエ店頭では、かわいく元気な動物の絵本たちがお客様をお迎えしております。

                  ねこちゃんの絵本をひと通りアップした後、まだ出し切れていない動物の絵本をアップ中です。

                   

                  リトルゴールデンブック、ピクシー絵本とも、古いものには名作と呼べる絵本が多いです。

                  特に、古いピクシー絵本の動物ものは人気者がたくさん。

                  それだけに売り切れも多く、現在、そうしたピクシー絵本の再入荷分を中心にアップしております。

                   

                  ぜひ、ご来店くださいね!

                   

                  当店のメルマガ会員にご登録いただきますと、商品の入荷情報をいち早くお知らせいたします。

                  メルマガへの登録はショップのトップページから行えます。

                   

                   


                  fc2バナー
                  にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
                  blogram投票ボタン
                  banner_24.gif

                  | Tote(トート) | 15:57 | - | - |
                  はずかしがりやの子猫|リトルゴールデンブック 2
                  0

                    JUGEMテーマ:海外の名作絵本

                     

                    昨日の続きです。

                     

                    今日は「はずかしがりやの子猫(The Shy Little Kitten)」の中身をちょこっとお見せしますね。

                    ある農場の納屋にお母さんねこと生まれたばかりの6匹の子ねこが暮らしていました。
                    ぷくぷく太って元気な5匹と小ちゃくてはずかしがりやの1匹のきょうだいです。


                     

                    今日は、みんなでお出かけ。

                    はずかしがりやの子ねこがいちばん後からついて行くと、とつぜん、目の前の地面が盛り上がり、もぐらが出てきました。

                    「いっしょに遊ぼう。」

                    お母さんたちを見失った はずかしがりやの子ねこ。
                    もぐらについて行くと、おかしな顔をする かえるに出会い、笑いころげます。

                     

                     

                    笑い終わったところで、「お母さんたちを探さないと。」

                    次に出会ったのは、毛むくじゃらの子犬。
                    親切な子犬は 子ねこを丘へ連れて行ってくれました。

                     

                     

                    「あっ、あの農場の赤い納屋が わたしのお家!」
                    農場では、お母さんときょうだい、他の動物たちがすてきなごちそうを用意して待っていてくれました。

                     

                    商品情報はこちらです。

                     

                     

                     

                    blogram投票ボタン
                    にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
                    banner_24.gif
                    fc2バナー

                     

                    | Tote(トート) | 10:25 | - | - |
                    はずかしがりやの子猫|リトルゴールデンブック
                    0

                      JUGEMテーマ:海外の名作絵本

                       

                       

                      特別なねこのリトルゴールデンブックは他にもあります。


                      超ロングセラーで特に有名なのが、この1冊
                      「はずかしがりやの子猫(The Shy Little Kitten)」

                      リトルゴールデンブックを代表する絵本といっても過言ではありません。

                      グスタフ・テングレンによる1冊。

                       

                      グスタフ・テングレンは世界初の長編アニメであったディズニーの「白雪姫」の美術監督を努めた人です。

                      テングレンについて、ご興味ある方はこちらの記事をご覧ください。

                       

                      この絵本は、白雪姫以降、ディズニーを辞めた後の作品です。

                      1946年に初版が出版され、今でも版を重ねています。
                      このロングセラーの間、内容はほぼ同じですが、表紙デザインが何回か変わっています。

                      こちらの表紙デザインは初版から1950年代初頭まで使われ、1990年代に復活しました。ストーリーについては、次回にご紹介します。

                      今回、1999年版が再入荷しています。
                      商品情報はこちらです。

                       

                       


                      blogram投票ボタン
                      にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                      banner_24.gif

                      fc2バナー

                       

                       

                      | Tote(トート) | 13:11 | - | - |

                      Calendar

                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode