Page: 1/52   >>
ちいさなインディアン #リトルゴールデンブック
0

    JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

     

    ちいさなインディアン|リトルゴールデンブック

     

    先日お話しした、リチャード・スカリーの人間の少年を描いためずらしいリトルゴールデンブックです。「ちいさなインディアン(Little Indian)」

     

    インディアンの少年が大人(たぶん、お父さん)について、生きるために必要ないろんなことを学んでいきます。

     

    ちいさなインディアン|リトルゴールデンブック1

     

    大人のインディアンは大きなテント、小さなインディアンは小さなテントで寝起きするんですね。

     

    ちいさなインディアン|リトルゴールデンブック2

     

    それぞれのカヌーで魚つり。

    それぞれ、アライグマのペットがいるようです。

     

    つった魚を焼いて食べているところですが、いろんな動物がいますね。

     

    ちいさなインディアン|リトルゴールデンブック3

     

    人間のお話といっても、やはりスカリーの絵本らしいです。

    小さなインディアンと動物たちの表情がいいですね。

     

    商品情報はこちらです。

     

     


    fc2バナー
    にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
    banner_24.gif

    | Tote(トート) | 16:15 | - | - |
    クリストフアーとコロンブス号 #リトルゴールデンブック
    0

      JUGEMテーマ:海外の名作絵本

       


      「クリストフアーとコロンブス号(Christopher and the Columbus)」、小さなフェリーボートが大活躍するお話です。

      フェリーボートというより渡し船って感じなんですが。
      日本ではフェリーといえば、大型船のイメージがありますが、英語では湾や川を行き来するような渡し船のこともフェリーボート=ferry boat というようですね。

      コロンブス号は湾を行き来する渡し船。その船長さんと仲よしの少年クリストファーは毎週土曜日、お客さんを降ろしたあと向こう岸に帰るコロンブス号に乗せてもらうのです。

       


      ある土曜日、雨と風の激しい朝、いつものようにコロンブス号に向かったクリストファー少年。朝も早く雨も強いので、お客さんもスタッフも誰もいません。
      クリストファー少年と船長さんは小さなクルーズに出ます。

      しかし、コロンブス号は船長さんが切る舵とはちがう方向へ向かいます。
      そこで、彼らがみつけたものは、小さな無人島に漂着した少年たち!

       


      少年たちを救助して港へ帰ります。
      その途中、船長さんは「船を桟橋に返す時間をとっくに過ぎてしまった。わたしはクビになるかもしれない…」。

       

      でも、港に着くと、「コロンブス号、よくやった!」

      たくさんの人がコロンブス号を待ち受けていました。



      Tote は港で船をながめるのが好きなのですが、特にこういう小さな船が好き。
      大型船をひっぱる小さなタグボートなんかを見るとけなげでかわいいと思ってしまうのです。

      ところで、この絵本に描かれている古い美しい街並やシンプルだけど表情豊かな人たち、なんとなく見おぼえがありませんか?

       

      「リトル レッド カブース」「タクシーは大急ぎ」と同じ人が描いています。
      Tibor Gergely(ティボル・ゲルゲイ)さんといって1950年代に活躍した絵本作家です。
      乗り物が好きだったのかな?

      この絵本の初版発行は1951年。
      昔の乗り物って味がありますね。

      商品詳細はこちらです。


       


      fc2バナー
      にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
      banner_24.gif

      | Tote(トート) | 21:52 | - | - |
      リトル レッド カブース #リトルゴールデンブック
      0

        JUGEMテーマ:海外の名作絵本

         



        リトルゴールデンブックの中でも古くから愛されている列車の絵本、

        「リトル レッド カブース(The Little Red Caboose)」をご紹介します。


        初版発行は1953年。

        リトルゴールデンブックの定番と呼べるベストセラー絵本です。

        カブース=caboose とは貨物列車の車掌さんが乗る車両、車掌車のこと。

         

         

        先頭でみんなを引っぱるりっぱな機関車とたくさんの大きな車両、貨物車の最後尾を走るのが、赤い小さなカブースです。


        あのりっぱな機関車や大きな貨物車だったら、みんな手をふってくれるのに…と思いながら、カブースは、いつもいつも、いちばんうしろを走っていました。

         

        ある日、カブースたちの貨物列車が急な山道を登っていたところ、機関車が列車の重さをこらえきれず、列車が線路をすべり落ちはじめました。

         

         

        必死でブレーキをかけ、線路から離れまいとがんばるカブース。

        どうなるの…

         

         

        そこへ2台の機関車が駆けつけてカブースを押し上げてくれました。

         

        「君ががんばったから、ぼくたちも助けることができたんだよ」と機関車たち。

        線路ぞいの人たちもカブースに大きく手をふっていました。
         

        表紙のカブースの手すりに花輪があるのに気づきましたか?

        そう、がんばったカブースへのごほうびです。

        この絵本の文章はとてもリズム感が良いです。

        擬音は抑えられていて、韻を効果的に使われていてテンポよく読み進めます。


        明るくいポップなイラストもすてきです。

        列車や線路ぞいの人々、動物たちの表情もイキイキと描かれています。

        商品詳細はこちらです。


        fc2バナー
        にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
        banner_24.gif

        | Tote(トート) | 15:37 | - | - |
        おおきなきかんしゃ ちいさなきかんしゃ #リトルゴールデンブック
        0

          JUGEMテーマ:海外の名作絵本

           


           

          今日は明るく楽しい列車の絵本を紹介します。
          乗り物の絵本には、リズム感の良い文章のものが多いです。

          その代表ともいえる絵本です。
          「おおきなきかんしゃ ちいさなきかんしゃ(The Train to Timbuctoo)」

          1951年の初版発行以来、再販をくり返している人気の絵本です。
          文章はマーガレット・ワイズ・ブラウン作。

           

          彼女の名作の一つと言われていて、日本でも(リトルゴールデンブックとしてではありませんが)翻訳版が出版されています。

          日本語のタイトルはその翻訳版にあわせました。

          原題は「The Train to Timbuctoo(トンブクトゥーへ行く列車)」。

           

           

          大きな機関車と小さな機関車がトンブクトゥーという街に向かってカラマズーという街を出発します。大きな機関車には大きな機関士、小さな機関車には小さな機関士。

          どちらも客車や貨物車をしたがえて走ります。

           

          擬音が効果的に挿入されていて、文字組みも凝っています。

           

           

          ↑この擬音の挿入の仕方がなんとも。

          漫画のような手法ですが、アートになっています。


          明るい色使いと60年近く前のものとは思えないポップでキュートなイラスト。

          お天気のいい日にテラスなんかで読みたい絵本です。
          あー、どこかへ行きたくなってきた。

          商品情報はこちらです。

           

           


          fc2バナー
          にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
          banner_24.gif

          このエントリーをはてなブックマークに追加

          | Tote(トート) | 18:19 | - | - |
          おやゆびひめ/初版 #リトルゴールデンブック
          0
            JUGEMテーマ:神話・伝承全般
             



            王さまのお話が続いたので、お姫さまモノもご紹介したくなりました。

             

            そこで、このリトルゴールデンブック、
            「おやゆびひめ/初版(Thumbelina)」
            1953年発行の貴重な初版が入荷しています。

            この絵本のイラストレーターはグスタフ・テングレン。
            ディズニー初の長編アニメ「白雪姫」のアートディレクションを手がけた人です。

            50年代初頭の絵本ですから、印刷技法や紙質に独特の風合いがあります。
            ページ数も1960年代以降のリトルゴールデンブックは標準24ページですが、こちらは28ページ。



            とても美しい絵本です。
            商品情報はこちらです。



            fc2バナー
            にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
            banner_24.gif

            | Tote(トート) | 18:18 | - | - |
            #グランパバニー #リトルゴールデンブック
            0

              JUGEMテーマ:海外の名作絵本

               

              グランパバニー   #リトルゴールデンブック 表紙

               

              もうすぐイースターですね(今年は4月21日だそうです)。

              うさぎの絵本をせっせとご紹介しておりますが、数あるうさぎのリトルゴールデンブックの中でも Tote が最高傑作と思っている作品がこちら。

               

              「グランパ・バニー(Grandpa Bunny)」

              ディズニーの短編アニメーションをもとにした絵本ですが、あのメアリー・ブレアがディレクションした作品です。

               

              1951年に初版が発行されて以来ほとんど再販されていないようで、非常に貴重な絵本なのですが、現在はその初版が再入荷しています。

               

              内容はシンプルですが、涙腺が崩壊するほど感動的。

              他の版になりますが、以前にご紹介しておりますので、ご覧ください。

               

              商品情報はこちらです。

              オーストラリア版もございます。

               

               

              このエントリーをはてなブックマークに追加

              banner_24.gif
              にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
              fc2バナー

              | Tote(トート) | 17:33 | - | - |
              うさぎさん、どうぞ/おまけ
              0

                JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

                 

                先日ご紹介した「うさぎさん、どうぞ(The Rabbit is Next)」ですが、Tote の思い出話などでスペースを使ってしまったので、ちょっと おまけです。

                ブッククーリエでは、日本で翻訳版が出版されていない絵本の場合(そういう本の方が多いです)、日本語のタイトルはTote が訳しています。

                今回の "The Rabbit is Next" 、直訳すると「次はうさぎさん(の番)」。

                 

                アメリカの銀行など窓口に行列ができるような所では、「次の方、どうぞ」といった感じで よく "Who is next?" を使います。そのニュアンスで「うさぎさん、どうぞ」にしました。
                 

                 


                fc2バナー
                にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                banner_24.gif

                このエントリーをはてなブックマークに追加

                | Tote(トート) | 21:13 | - | - |
                うさぎさん、どうぞ #リトルゴールデンブック
                0

                  JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

                   


                  うさぎのリトルゴールデンブックといえば、こんな絵本もあります。

                  「うさぎさん、どうぞ(The Rabbit is Next)」
                  心がほっこりするような ちょっとかわいいお話です。

                  動物病院にやってきた女の子。

                  うさぎの具合がよくないそうです。

                   


                   

                  待合室では、いろんなペットと飼い主さんたちが順番を待っています。
                  ↑このおさると猫がケンカして 一騒動あったりするのですが、
                  "The rabbit is next!" と女の子とうさぎが呼ばれます。

                  その うさぎは、

                   


                   

                  ぬいぐるみだったのです。
                  ドクターは ちゃんと“治療”してくれました。

                  ぬいぐるみのうさぎでも この子にとってはれっきとしたペットなんですよね。
                  この絵本を読んで、小学生のころのことを思い出しました。


                  犬が好きで飼いたかったんだけど、飼わせてもらえなくて、代わりに犬のぬいぐるみを買ってもらったのでした。当時のTote にとっては、まさにペットのワンちゃんで毎日いっしょに遊んでいたなあ。

                  ショップページでもご覧いただけます。


                   

                  このエントリーをはてなブックマークに追加

                  banner_24.gif
                  にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
                  fc2バナー

                  | Tote(トート) | 14:58 | - | - |
                  ゴールデンエッグブック #リトルゴールデンブック
                  0




                    寒の戻りもありましたが、やっと春らしくなってきましたね。
                    春らしい動物といえば、うさぎ。今月はイースターですからね。

                    そこで、おすすめの絵本がこちら、
                    「ゴールデンエッグブック(The Golden Egg Book)」

                    ひとりぼっちのうさちゃんがみつけた1つの卵。
                    中身はなあに?なにが生まれてくるのでしょう?
                    単純なストーリーですが、最後はほわんと暖かい気持ちになれます。
                    内容は以前にご紹介しています。

                    この絵本はリトルゴールデンブックの中でも超ロングセラーで再版を重ねてきました。
                    ↑この表紙デザインは1980年代末まで使われました。

                    現在、ブッククーリエではこちらの2つの版をご用意しています。
                    1963年版
                    1992年版

                     

                    他にも、うさぎのリトルゴールブックはこちらでご覧いただけます。
                     


                    にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
                    banner_24.gif
                    fc2バナー

                    このエントリーをはてなブックマークに追加

                     

                    | Tote(トート) | 20:26 | - | - |
                    ペッパーの看護婦さんごっこ #リトルゴールデンブック
                    0

                       

                      バービーにスキッパーという妹がいるように(詳しくはこちらを見てね)、タミーちゃんにも妹がいるんです。

                      「タミーちゃん/完品(Tammy)」の中にタミーちゃんより少し小さな女の子のお人形がついているんですが、その子が、そう。ペッパー(Pepper)ちゃんです。

                      ↑このペッパーを主人公にした絵本がこれ、
                      「ペッパーの看護婦さんごっこ(Pepper Plays Nurse)」

                       

                      けっこうなレアな絵本ですよ〜。

                      タミーちゃんの絵本とは違うタッチで描かれていますが、こちらも なかなかおしゃれな1冊です。内容は以前にこちらでご紹介しています。

                      ぜひ、ショップでもご覧ください。

                       


                      にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
                      banner_24.gif
                      fc2バナー

                      このエントリーをはてなブックマークに追加

                       

                      | Tote(トート) | 11:51 | - | - |

                      Calendar

                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode