Page: 1/47   >>
ルドルフ12版|リトルゴールデンブック
0

    JUGEMテーマ:クリスマス

     

     

    クリスマスの時期に読むリトルゴールデンブックといえば、この絵本。

    リチャード・スカリー「ルドルフ/ 12版(Rudolph )」が再入荷しています。

    赤鼻のトナカイはほんとうに有名な歌・お話ですが、リチャード・スカリーの絵本にもなっていたんです。スカリーが手がけただけあって、とってもキュート。


    数あるスカリーのリトルゴールデンブックの中でも人気が高くロングセラーとなっています。クリスマスの定番絵本といってもいいかも。

    北極に住む赤鼻のトナカイ、ルドルフは体も角も小さく、他のトナカイたちから 光る鼻のことで よくからかわれていました。

    ある年のクリスマス、サンタさんがソリを引くトナカイを募集するという知らせがありました。

     

     

    トナカイたちはサンタさんに選ばれようと張り切るのですが、赤い鼻を恥ずかしいと思っているルドルフは物かげにかくれたまま。

    クリスマスイブの夜は濃い霧になりました。
    あまりに見通しが悪く、サンタさんはこどもたちのリストも読めません。

    そのとき、ルドルフがおずおずとサンタさんの前へ進み出ました。

     


    「おお、お前の鼻はなんて役に立つんだ!」
    ルドルフはソリの先頭もつとめることになったのでした。

    うつむきかげんからいきいきとルドルフの表情が変わっていくのが印象的です。
    スカリーが描く動物たちは瞳がきれいですね。

    商品情報はこちらです。

     

     


    blogram投票ボタン
    にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
    banner_24.gif

    fc2バナー

    | Tote(トート) | 15:30 | - | - |
    7人の小人がみつけたお家:おまけ
    0

       

       

      先日ご紹介したリトルゴールデンブック「7人の小人がみつけたお家(Seven Drarfs Find a House)」のおまけです。

      白雪姫の7人の小人たちには英語と日本語両方の名前があります。
      けっこう古くから日本で親しまれているディズニ-キャラクターなんですよね。

      上の画像、左からDopey(おとぼけ)、Sleepy(ねぼすけ)、Sneezy(くしゃみ)、Bashful(てれすけ)、Happy(ごきげん)、Grumpy(おこりんぼ)、Doc(せんせい)です。*(日本語名)です。

      もともとグリム童話の原作では小人たちには名前がありませんでした。

      名前とともに小人たちの豊かな個性はディズニーによる創作です。

       

       

      blogram投票ボタン
      にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
      fc2バナー

      banner_24.gif

      | Tote(トート) | 14:55 | - | - |
      七人の小人がみつけたお家|リトルゴールデンブック
      0

         

         

        白雪姫つながりでとても めずらしいリトルゴールデンブックが再入荷しました。

        「7人の小人がみつけたお家(Seven Drarfs Find a House)」


        ディズニーの長編アニメ「白雪姫」のスピンオフストーリーで、白雪姫と出会う以前の7人の小人たちのお話です。

        なので、この絵本には白雪姫は出てきません。

        7人の小人たちの職業は何かご存知ですか?
        鉱夫(それもダイヤモンド鉱山の)です。

         



        彼らには家がなかったので、仕事が終わった後は 毎日、森で眠っていました。
        みんなで暮らす家がほしいと思った小人たち。
        森の動物たちに協力してもらって家を探すことにしました。

        こんな すてきなお家がみつかったのでした。

         


        ここから、7人の楽しい生活が始まったのです。

        「白雪姫」本編の絵本とは少し違うタッチの絵柄です。

        重厚に描き込まれた本編と比べると、鉛筆の線を残した 少しラフなタッチで 小人たちの個性が軽妙に描かれています。

        ディズニーの「白雪姫」はアニメーションの歴史上、マイルストーンとなった作品です。

         

        アートワークの作り込みもさることながら、しっかりしたストーリー展開は小人たちのキャラクターがあってこそ。

        ディズニーは小人たちのキャラクター造型にかなりの時間と労力を注ぎ込んだようです。

        この絵本の初版は1952年に発行されました。

        今回は70年代発行のオーストラリア版が入荷しています。

        あまり再販されていない希少な絵本です。


        商品情報はこちらです。

        本編「白雪姫」の絵本は14版1993年版が入荷しています。

         

         


        blogram投票ボタン
        にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
        banner_24.gif

        fc2バナー

        | Tote(トート) | 20:56 | - | - |
        シンデレラのおともだち/1973年版|リトルゴールデンブック
        0

           


          先日は、ディズニーの「シンデレラ(Cinderella)」をご紹介しましたが、シンデレラにはかわいい小さなお友だちがいたのをご存知ですか?

           

          屋根裏で暮らしていたころ、シンデレラをはげましてくれた小さな動物たちです。

          そんな彼らを主人公にしたスピンオフのリトルゴールデンブックです。


          「シンデレラのおともだち/1973年版(Cinderella's Friends)」

          この小さな動物たちがシンデレラと王子さまの結婚を祝ってパーティの用意をする、というのがこの絵本のストーリーです。



          小鳥とねずみたちが、とてもキュートな1冊。

           

          詳しい内容は以前にご紹介した初版と同じです。

          また、この絵本は版によって、何種類か表紙があります(こちらで見比べてください)。


          商品情報はこちらです。

           



          fc2バナー
          にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
          blogram投票ボタン
          banner_24.gif

          | Tote(トート) | 12:41 | - | - |
          シンデレラ/1950年版|リトルゴールデンブック
          0

             

             

            メアリー・ブレアが生んだディズニープリンセス、シンデレラの絵本です。

            「シンデレラ/1950年版(Cinderella)」

             

            同名のアニメ映画が公開されたのが1950年。

            同時にリトルゴールデンブックも出版されました。

            長年にわたり、再版をくり返していますが、今回ご紹介しているのは初版と思われる版です。

             

            メアリー・ブレアはディズニー社初の女性アートディレクターでしたが、彼女によるシンデレラのキャラクターイメージは、後のディズニープリンセスたちのキャラクター造型に大きく影響していると思います。

             

            この絵本はごく初期の版なので、メアリー・ブレアのアートスケッチに近い雰囲気が味わえます。

             

             

            商品情報はこちらです。

             

            *1970年代発行のオーストラリア版もございます。

             

            blogram投票ボタン
            にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
            banner_24.gif
            fc2バナー

             

             

            | Tote(トート) | 15:44 | - | - |
            ディズニーのマザー・グース|リトルゴールデンブック
            0

              JUGEMテーマ:マザーグース

               

               

              数あるリトルゴールデンブックのマザー・グース本の中でも ぜひとも押さえておきたい1冊、
              「ディズニーのマザーグース(Walt Disney's Mother Goose)」が再入荷しています。

              ディズニーキャラクターたちによるマザーグースの歌集です。
              オールスターキャストといえるぐらい、たくさんのディズニーキャラクターが登場しています。

               

               

              ここにいるキャラクターたち、みんな知ってる?

               

               

              この絵本の初版発行は1952年。
              たいへん人気があり、2000年初頭まで再版を重ねました。

              それまでに表紙のデザインが何度か変わっています。
              この表紙デザインは1950年代後半から90年代初めまで使われていました。
              今回ご紹介しているものは1979年発行の27版です。

              マザーグース好き、ディズニー好きなら必見の絵本です。
              商品情報はこちらです。

               

               

              blogram投票ボタン
              にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
              banner_24.gif
              fc2バナー

               

              | Tote(トート) | 15:03 | - | - |
              このコブタちゃん/復刻版|リトルゴールデンブック
              0

                JUGEMテーマ:マザーグース

                 

                 

                赤ちゃんが喜ぶマザーグースの絵本です。

                「このコブタちゃん/復刻版(This Little Piggy)」

                全部で37編のシンプルなマザーグースのうたが収録されています。

                 

                表題になっている「このコブタちゃん」は、こんなふうに描かれています。

                 

                 

                赤ちゃんといっしょに読むのも楽しそうですね。

                ところで、このページがモノクロなのは、古い絵本の復刻版だから。

                 

                もともとは、1942年に12番目のリトルゴールデンブックとして発行されたものを創刊50周年を記念して復刻版として再版された絵本です。

                 

                初版は4色刷りとモノクロのページが混じっていたのです。

                また、現在のリトルゴールデンブックはすべて24ページですが、当時は48ページでした。こうした初版の頃のイメージが忠実に再現されています。

                 

                ↓こちらは、「Buckle my Shoe(靴ひも結んで)」のうたです。

                 

                 

                レトロで美しい絵本です。

                こちらも赤ちゃんだけのものにしておくのはもったいないですね。

                 

                商品情報はこちらです。

                 

                 


                blogram投票ボタン
                にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                banner_24.gif

                fc2バナー

                 

                 

                 

                | Tote(トート) | 21:05 | - | - |
                あかちゃんのマザーグース|リトルゴールデンブック
                0

                  JUGEMテーマ:神話・伝承全般

                   

                   

                  やさしくカワイイ、赤ちゃんのためのマザーグースの絵本です。

                  「あかちゃんのマザーグース(Baby's Mother Goose)」

                   

                  サブタイトルにもなっている「Pat a Cake(ケーキをこねて)」は、英語圏では とてもポピュラーな手遊び歌です。

                   

                  アメリカでは、お母さんがこの歌を歌いながら、赤ちゃんと遊ぶことが多いみたい。

                  日本でも小さなお子さんのいる方なら、ご存知かも。

                   

                  さて、絵本の中身ですが、とってもかわいいのです。

                  特にキュートなページをお見せしますね。

                   

                  まずは、「Pat a Cake」、

                   

                   

                  そして、こちらは「Mary Had a Little Lamb(メリーさんのひつじ)」。

                   

                   

                  赤ちゃんだけのものにしておくには、もったいない絵本でしょ?

                  商品情報はこちらです。

                   

                   


                  blogram投票ボタン
                  にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                  banner_24.gif

                  fc2バナー

                   

                   

                  | Tote(トート) | 23:23 | - | - |
                  三匹のこぶた/ディズニー版|リトルゴールデンブック
                  0

                    JUGEMテーマ:海外の名作絵本

                     

                     

                    「三匹のこぶた」といえば、有名なのが やはりディズニー作品。

                    ディズニーのアニメとしてもかなり古いものですが、リトルゴールデンブックとしても初版は1933年に発行されました。

                     

                    ブッククーリエでは、現在1946年版と1971年版の在庫があります。

                    本日は1946年版の「Three Little Pigs」をご紹介します。

                     

                    初版のレイアウトやデザインがほぼそのまま残る1冊です。

                    この絵本の初版出版当時はリトルゴールデンブックの草創期。

                    版元は Western Publishing ではなく、Simon & Schuster でした。

                     

                    現在のリトルゴールデンブックは24ページですが、こちらは28ページ。

                    紙質や印刷技法も少し違っていて、2色刷りのページがまじっています。

                     

                     

                    ↑これは、わらの家と木の家をつくったこぶたたちが浮かれて歌ったり踊ったりしているところですね。

                    そこへ、おおかみがやってきて…。

                     

                     

                    2色刷りとフルカラーのページがとなり合わせになっているところが、なんともレトロです。

                     

                    商品情報はこちらです。

                    1971年版もございます。

                     

                    blogram投票ボタン
                    にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
                    banner_24.gif
                    fc2バナー

                     

                    | Tote(トート) | 14:47 | - | - |
                    うさぎとかめ|リトルゴールデンブック
                    0

                      JUGEMテーマ:海外の名作絵本

                       

                       

                      イソップ童話で、最も有名なお話といえば、コレ。

                      1980年代らしいポップでファンキーなリトルゴールデンブック。
                      うさぎとかめ(The Tortoise and the Hair)」(原題では「かめとうさぎ」です)。

                      このリトルゴールデンブックを見つけたときは思わず「おおっ。」と言ってしまいました。
                      誰もが普通に知っていて古くから数多くの絵本になっているお話ですが、こんなにポップでお茶目な「うさぎとかめ」は見たことがありません。

                      この絵本の発行は1987年。80年代らしい、もう蛍光に近いぐらいの明るい色彩と元気そうなキャラクター。
                      うさぎとかめのファッションも80年代していて、いいですね〜。

                       

                       

                      お話はみなさんご存知の通りですが、このうさぎさんがとってもナルシスト。
                      なにかにつけ、かめさんに自慢ばかりするんです。
                      「誰もぼくより早くは走れないさw」

                       

                      「あなたと競走して勝ってみせるわ」と、かめさん。

                       

                       

                      うさぎがサボっている間に、かめがゴール。

                      ジャッジはフクロウ(右はし)。

                       



                      商品情報はこちらでご覧ください。

                       

                       

                      blogram投票ボタン
                      にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
                      banner_24.gif
                      fc2バナー

                       

                      | Tote(トート) | 15:02 | - | - |

                      Calendar

                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode