Page: 1/38   >>
ノアの方舟|ピクシー絵本 2
0

    JUGEMテーマ:海外の名作絵本

     

    8月12日の続きです。

    ノアの方舟に乗らない動物もたくさんいたのですが、ついに雨がふり始めます。
    雨のいきおいはとてもはげしく、あっという間に洪水に。

    146-12_small.jpg

    みんな、急いで!
    方舟に乗って!

    すべての動物たちが乗船したのか、ノアがリストでチェックすると、コウノトリがまだです。

    コウノトリはいちばん最後にやってきます。
    なんと赤ちゃんをつれてきたのでした。


    146-14_small3.jpg

    この絵本を描いたのは、Peter Adby という人。
    動物ものが得意なイギリスの作家さんのようです。

    この絵本はイギリスで出版されたピクシー絵本の翻訳もの。
    1960年代から70年代の一時期、イギリスでもピクシー絵本が出版されていました。

    イギリスのピクシー絵本については、ちょっと研究中。
    またの機会にお話ししたいと思います。

    商品情報はこちらです。



    fc2バナー
    にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
    blogram投票ボタン
    banner_24.gif

     

    | Tote(トート) | 10:19 | - | - |
    ノアの方舟|ピクシー絵本
    0

      JUGEMテーマ:海外の名作絵本

       

       

      小さなピクシー絵本の壮大なお話、「ノアの方舟(Die Arche Noah)」です。

      ノアの方舟は旧約聖書に出てくる有名なお話ですが、ギリシャ神話にもあり、世界各地に伝説として存在するようですね。


      いずれも紀元前よりはるか昔から伝わるお話で、「方舟は本当にあった?」という説もあって、世界最古のミステリーともいわれています。

      さて、この絵本では、ノアの作った方舟にいろんな動物たちが乗り込むところまでが描かれています。

      では、中身をちょこっとご紹介しますね。

      方舟を作ったノアは 洪水の前に方舟に乗るよう、世界中の動物たちに知らせるためにハトをはなちます(↑表紙の通り)。


      ハトは いろんな動物たちに知らせてまわりますが…。

       

       

      すなおに方舟に乗る動物もいれば、「洪水なんてへっちゃら」と取り合わない動物もいます。
      それはこんな動物↓、コウノトリです。

       

       

      とっても高い所に巣があるから、洪水が来ても大丈夫だというのです。
      ハトが説得していますが…。

      ところで、紀元前の昔から伝書鳩はいたんですね〜。

      続きは次回。
      商品情報はこちらです。

       

       

      fc2バナー
      banner_24.gif
      にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
      blogram投票ボタン

       

       

      | Tote(トート) | 17:36 | - | - |
      3びきのひつじ|ピクシー絵本
      0

        JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

         

         

        ひつじのピクシー絵本をもう1冊ご紹介します。
        「3びきのひつじ(Drei kleine Lämmer)」
        以前ご紹介した「あひるのひよこ(Die Entchen)」と同じ絵柄の絵本です。

        こちらもイラストレーター名の記載がないのですが、リバティプリントのような独特な味わいのある絵です。

        動物たちの微妙な表情がなんともいえません。

        タイトルからもおわかりの通り、3匹の子ひつじのお話です。
        元気よく遊ぶ子ひつじたち。

         

         

        ぴょん、ぴょーん、って感じでほんとうに元気そう。

        遊ぶのに夢中で、いつの間にか牧場の外に出てしまい、迷子になってしまいました。
        最初は心配していなかったのですが、だんだん心細くなってきて、のども乾いてきました。
        なんか、他のひつじも混じってる。

         

         

        「ぼくたちのうち(牧場)はどこ?」
        疲れて座りこんだところに、同じ牧場に住むうさぎたちが…、

         

         

        「牧場はこっちよ。」うさぎについて行けば、もう大丈夫。

         

         

        「おかえりー、君たちのお母さんが待ってるよ。」

        牧羊犬が迎えてくれました。
        この犬は Lumpi といって、このシリーズの他の絵本にもちょこちょこ登場するんですよ。

        商品情報はこちらです。

         

         

        blogram投票ボタン
        にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
        banner_24.gif
        fc2バナー

         

        | Tote(トート) | 20:54 | - | - |
        メッテちゃんのひつじ|ピクシー絵本
        0

          JUGEMテーマ:海外の名作絵本

           

           

          このピクシー絵本が再入荷しました。

          「メッテちゃんのひつじ(Susis Lämmchen)」

           

          とびきりキュートで、「なつかしい!」と思うピクシーファンも多いはず。

          1970年代に日本でも出版された大人気の1冊です。

           

          内容はマザーグースの「メリーさんのひつじ」と同じ。
          メッテちゃんのひつじはメッテちゃんが大好きで学校についてきてしまいます。

           

           

          ところで、ドイツ語版の原題では女の子の名前は Susi =スージー ですが、日本語版では メッテちゃん になっています。


          Susi という女の子は昔のドイツの絵本によく出てきます。

          英語圏のメリーと同じように、ドイツではポピュラーな名前なのかな。


          しかし、なぜに 日本語版では メッテちゃん?
          デンマーク語版ではメッテちゃんだったのかな?
          謎です…。

           

          商品情報はこちらです。

           

          banner_24.gif
          blogram投票ボタン
          にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
          fc2バナー


          | Tote(トート) | 15:08 | - | - |
          特別な意味のある ねこちゃんのピクシー絵本
          0

             

            梅雨の晴れ間がめちゃくちゃ暑いですね。

             

            さて、ブッククーリエ店頭では、再入荷のねこちゃんのピクシー絵本のアップが一通り終わりました。

             

            このところお伝えしている通り、ピクシー絵本にはねこのお話が多く、ピクシー絵本第1号もそうなのです。

             

            それがこの作品「こねこちゃん/(Miezekatzen)です。

            ↑こちらは2013年に発行された復刻版ですが、ピクシー絵本が誕生したのは1954年。

            60年以上前のことです。

             

            この創刊時から、ピクシー絵本はつねに8冊(タイトル)単位で出版されています。

            ということは、最初に発行されたピクシー絵本も8タイトルのセットでした。

             

            そして、そのうち3冊がねこちゃんの絵本だったのです。

            1冊めは先ほどの通り「こねこちゃん」ですが、あと2冊が 先日ご紹介した、こちら。

             

            「こねこのシュノワ(Der kleine Kater Schnurr)」

            「こねことおかあさん(Mama Miezemau und ihre Kinder)」

             

            いずれも人気のねこちゃんの絵本ですが、3冊それぞれに個性がありますが、共通していえるのは、とびきりキュート。

             

            ピクシー絵本にとっても、ピクシーファンにとっても、ねこ好きにとっても、特別な意味のある3冊です。

             

             

             


            blogram投票ボタン
            にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
            banner_24.gif

            fc2バナー

             

             

            | Tote(トート) | 18:32 | - | - |
            こねことおかあさん|ピクシー絵本
            0

               

               

              「こねことおかあさん(Mama Miezemau und ihre Kinder)」

              この絵本も大切な意味のあるピクシー絵本です。

               

              最初に発行されたピクシー絵本8冊のうちの1冊でした。

              今回入荷しているのは復刻版です。

               

              読んでいるうちに なんだか優しいしあわせな気分になれる絵本なんです。

               

              若い ねこのお母さん Miezemau(ミーツマウ)が主人公。
              ミーツマウはとてもすてきな小さな家に住んいます。
              お家と庭をいつも きれいにしているんですよ。

              今日はいとこが訪ねてくるので、クッキーを作って、お茶の用意。

               

               

              やってきたいとこを家の中に案内します。


              「なんて すてきなおうち!

              でも、いちばん大事なものを まだ見せてもらってないわよ。」
              そこで、ミーツマウが案内した部屋には…、

               

               

              生まれたばかりの3匹のこねこ。

              なんて かわいいんでしょう。


              そう、ミーツマウは赤ちゃんが生まれて、お母さんになったばかり。

              いとこはこねこたちを見に来たのです。

              ミーツマウが家事をしたり 子ねこたちを抱いたりしている様子がとても優しく繊細なタッチで描かれていて、赤ちゃんが生まれたばかりのお母さんの幸せな気分が伝わってきます。
              洋服や家具もおしゃれですね。

              商品情報はこちらです。

               

               

              banner_24.gif
              blogram投票ボタン
              にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
              fc2バナー

              | Tote(トート) | 17:36 | - | - |
              こねこのシュノワ|ピクシー絵本
              0

                 

                 

                ねこちゃんのピクシー絵本はたくさんあります。
                「こねこのシュノワ(Der kleine Kater Schnurr)」
                レトロ感あふれる1冊です。

                今回ご紹介するのは、2009年に発行された復刻版ですが、初版発行は1959年、ドイツで最初に発行された8冊のうちの1つでした。

                表紙でつりをしている子ねこの Schnurr(ドイツ語の発音に近い表記だと “シュノワ" かな)が主人公。


                なかなか、やんちゃなようです。

                勉強も大嫌い。
                遅刻ぎりぎりで、学校へ行き、教室で大暴れしているところへ、先生が…。

                 

                 

                算数の時間は このありさま。

                 

                 

                学校ではさんざんなシュノワですが、お休みの日には はりきって魚つりに行きました。
                でも…。

                 

                 

                なにをやっても、おっちょこちょいなのかな。

                ユーモラスなシュノワの日常がオーソドックスかつクラシックな絵柄で描かれているのがいいですね。

                表情がいきいきしています。


                商品情報はこちらです。

                 

                 

                blogram投票ボタン
                にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
                banner_24.gif
                fc2バナー

                 

                 

                | Tote(トート) | 18:02 | - | - |
                「こねこちゃん/2013年版(Miezekatzen)|ピクシー絵本」が再入荷
                0

                   

                  先日からのお知らせ通り、ブッククーリエ店頭では ねこちゃんのピクシー絵本をアップ中です。

                  再入荷の予定の商品がたくさんありますが、まず、お知らせしたいのが、
                  このピクシー絵本、「こねこちゃん/2013年版(Miezekatzen)」

                   

                  うーん、なんともいえずカワイイでしょ。

                  カワイイだけではない、このお話はピクシー絵本にとって特別なんですよ。
                  どうしてかというと、ピクシー絵本第1号なんです。
                  今回入荷したものは、その復刻版。2013年の発行です。

                  内容については、以前にご紹介しています。
                  キュートでほんわか、ちょっぴりおかしなお話です。

                  商品情報はこちらです。

                   

                   

                  banner_24.gif
                  blogram投票ボタン
                  にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
                  fc2バナー

                   

                  | Tote(トート) | 15:01 | - | - |
                  ブルーノのさかなとり|ピクシー絵本
                  0

                     

                     

                    ピクシー絵本にはくまさんのお話が多いです。

                     

                    はじめて魚とりをするこぐまちゃんのお話を紹介します。

                    「ブルーノのさかなとり(Bruno lernt Fischen)」

                     

                    「もう大きくなったから、自分で魚をとりましょう。」

                    ある日、お母さんにそういわれた子ぐまのブルーノ。

                    お母さんが見本を見せてくれました。

                     

                     

                    お母さんみたいに じょうずにできるかな?

                    ブルーノも川に入ります。

                     

                     

                    川の中には魚がいっぱい!

                     

                     

                    ブルーノは どうやって魚をとるのでしょう?

                    お母さんのやっていたのを思い出して がんばってね。

                     

                    自然の描写が美しい絵本です。

                    こぐまちゃんのちょっぴりゴワゴワしてそうな毛皮の感じがいいですね。

                     

                    商品情報はこちらです。

                     

                     

                    banner_24.gif
                    blogram投票ボタン
                    にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
                    fc2バナー

                    | Tote(トート) | 15:53 | - | - |
                    ピクシー絵本|こぐまちゃんが再入荷
                    0

                      JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

                       

                       

                      ここ最近、プーさんの話題で持ちきりになっていましたが、とびきりキュートで、ちょっぴり特別なこぐまちゃんのピクシー絵本が再入荷しています。

                       

                      タイトルもそのまま「こぐまちゃん(Teddy und die anderen)」

                      なぜ、これが特別な1冊なのかについては、こちらをご覧ください。

                       

                      Miriam Dixonさんという人の絵柄なのですが、この人の描く動物たちはほわっとしていて、本当にかわいいです。

                       

                      ピクシー絵本としては、とても歴史のある1冊なのですが、今回は2013年発行の復刻版が入荷しています。

                      動物のこどもたちにまつわる3つのお話が収録されています。

                       

                      内容については、以前に1967年版でご紹介しています。

                      現代の2013年版↓と見比べると興味深いですね。

                       

                       

                      商品情報はこちらです。

                       


                      blogram投票ボタン
                      にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                      banner_24.gif

                      fc2バナー

                       

                      | Tote(トート) | 14:32 | - | - |

                      Calendar

                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode