Page: 1/10   >>
トイ・ストーリー4を観てきた。
0

    JUGEMテーマ:ディズニー=ピクサー

     

     

    トイ・ストーリー4ですよ。

    トイ・ストーリーはピクサーの原点、なので新生ディズニーの原点ともいえる。

     

    1の公開から24年(早っ!)、ピクサーヲッチャーの Tote としても感慨ひとしおです。

     

    週末だったので、当然ながら、親子づれが非常に多かったのですが、そのお父さんお母さんには、かつてトイ・ストーリーを観た子供だった人が少なくないのだろうな。

     

    そう思うと、なんだかうれしくなってしまう。

    すばらしい。

     

    続きます。

     

     


    にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
    banner_24.gif
    fc2バナー

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    | Tote(トート) | 20:19 | - | - |
    インクレディブルファミリーを観て来た 3
    0

       

      9月6日の続きです。

       

      インクレディブルファミリーは、これまでのピクサーの集大成かつ、とてもアニメらしいアニメだと Tote は思いました。

      なんだか懐かしいくらい。

       

      アニメの中のキャラクターは、やはりアニメらしい方がいい。

      だから、アニメでは不気味の谷を追求する必要はないよなーと思えた。

       

      そんなアニメらしいパー家のメンバーでしたが、加えて、ヒーローらしかった。

      ヒーローは、やっぱりヒーローらしい方がいいよ(コスチュームがタイツでも。そこは、ほらアメリカだから、アメリカンヒーローで行こう)!

       

      今はヒーロー(英雄)不在の時代だといわれているらしいです(日本としては応仁の乱の時代に似ているんだって)。

       

      何かそんな存在があってほしいなと思うのは、凡人の身勝手な願望かもしれないけど。

      正義を貫こうとしてもいろいろと大変ですからね。

       

      久しぶりにヒーローらしいヒーローたちを観られてよかったです。

       

       

      blogram投票ボタン
      にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
      fc2バナー

      banner_24.gif

       

      このエントリーをはてなブックマークに追加

      | Tote(トート) | 14:44 | - | - |
      インクレディブルファミリーを観て来た 2
      0

         

        8月22日の続きです。

         

        映画を1本つくるごとに、ピクサーのCG技術は進化するというセオリーがある。

        なので、ピクサー作品は毎回劇場で観るべきだし、そうしております。

         

        今回のインクレディブルファミリーは、これまでのピクサーのアニメ技術の集大成ではと思ったんですが、ピクサーの新作観るたびにそう思っていることに気づいた。

         

        それは、同社が毎回、気合い入れてフルスロットルでものづくりをしているってことで、ものづくりをする人間としては、そうあるべきで、見習うべきところです。

         

        最新技術的にすごいのはもちろんだけど、インクレディブルファミリーがピクサーの集大成的に面白かったのは、「不気味の谷」を追求していなかった(これは Tote の推測なんだけど)のもあるのでは?

         

        背景のリアルさや画面の切り替わりや、スピード感、ライティングなんかはさらにハイテク化していたけど、キャラクター自体は往年のハンナ=バーベラを思わせる、ポップなアニメアニメしたタッチになっていたと思う。

         

        つまり、リアルな人間のような「らしさ」ではなく、アニメのキャラクターらしいポップさやかわいさが感じられる造形でした。

         

        続きます。

         

         

         


        blogram投票ボタン
        にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
        banner_24.gif

        fc2バナー

        | Tote(トート) | 14:19 | - | - |
        インクレディブルファミリーを観て来た
        0

          JUGEMテーマ:ディズニー=ピクサー

           

           

          こんにちは、Toteです。

          先日、ピクサーの最新作「インクレディブルファミリー」を観て来ました。

           

          劇場公開されるピクサーのアニメはすべて映画館で観ることが、Tote に与えられた使命なので、ずーっとそうしているんだが、何本目だっけ?

           

          もちろん、楽しみにしておりましたが、「もひとつらしいという前評判がある」というウワサを聞き、ちょっと不安になりながら「いや、そんなはずはない」と思いながら、映画館へ。

           

          観終わって「どこが、もひとつやねん!」

          めちゃくちゃ満足しましたぞ。

          ウワサは、まったくのウワサすぎたということです。

           

          続きます。

           

           

          blogram投票ボタン
          にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
          fc2バナー

          banner_24.gif

          | Tote(トート) | 22:24 | - | - |
          ディズニー版 白雪姫と七人の小人/1993年版|リトルゴールデンブック
          0

            JUGEMテーマ:海外の名作絵本

             

             

            ディズニーの「白雪姫と七人の小人/1993年版(Snow White and the Seven Dwarfs)」が再入荷しました。

            先日、お話ししたグスタフ・テングレンがアートワークを手がけた作品でもあります。

             

            世界初の長編カラーアニメーションとして映画が公開されたのは1936年。

             

            1949年に同名のリトルゴールデンブックの初版が発行され、その後、再版をくり返しています。今回は1993年版が入荷しました。

             

            中身をちょこっとお見せします。

             

            7人の小人たちと楽しく暮らす白雪姫。

             

             

            魔女は邪悪そうですね〜。

            からすも性格悪そう。

             

             

            背景の描き込みが濃厚ですね。

            この作品は、アニメーションの金字塔といわれていますが、それまで軽いイメージだったカートゥーンアニメと一線を画すものになりました。

             

            また、ディズニー初のプリンセスものですが、この後のディズニープリンセスのひな形にもなっていると思います。

             

            商品情報はこちらです。

            1950年代発行の14版もございます。

             

            blogram投票ボタン
            にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
            banner_24.gif
            fc2バナー

             

             

            | Tote(トート) | 20:27 | - | - |
            ディズニー・アート展に行ってきた。 4
            0

               

              10月25日の続きです。

               

              ディズニーのコンセプトアートは、メアリー・ブレア以外にも、けっこうスゴい人たちが手がけていました。

               

              なかでも、今回のディズニーアート展での(Toteにとっての)見ものは「白雪姫」のコンセプトアーティストをつとめたグスタフ・テングレン(Gustaf Tenggren)の手描きスケッチ。

               

              グスタフ・テングレンの名前を聞けば、「ピン!」と来るリトルゴールデンブックのファンの方は少なくないでしょう。

               

              そう、テングレンは、「はずかしがりやの子猫」「ポーキーリトルパピー」などの作をたくさん生み出した、リトルゴールデンブックにとって、なくてはならない重要な作家の1人です。

               

              テングレンがリトルゴールデンブックを手がけるようになったのは、ディズニーでキャリアを積んでからのこと。テングレンにとって、ディズニーはやはり「人使いが荒かった」らしいですw

               

              それはさておき、今回の展覧会では、彼の白雪姫の手描きスケッチが見られて、Tote は感激でした。

              そのとき思ったんだけど、白雪姫の表情がはずかしがりやの子猫に似ていて、なんかうれしかったです。

               

              グスタフ・テングレンの絵本はこちらでご覧いただけます。

               

               


              blogram投票ボタン
              にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
              banner_24.gif

              fc2バナー

              | Tote(トート) | 16:53 | - | - |
              ディズニー・アート展に行ってきた。 3
              0

                 

                10月5日の続きです。

                 

                Tote にとっての今回のディズニーアート展の収穫はペンシルテストに加えて、歴代の主要作品のコンセプトアートが見られたこと。

                 

                コンセプトアートとは、アニメーションや映画などのビジュアル全体のコンセプトデザインのことです。広告や出版の世界でいうアートディレクションにあたります。

                 

                1つの作品の世界観の大元になるものだから、作品全体の方向性はこのコンセプトアートにかかっているといえるくらい大切なもの。

                 

                つまり、作品のできあがりはコンセプトアート以下のものになることはあっても、以上になることはない。

                 

                したがって、コンセプトアートをつくる人は、非常に重要な役割を持つわけですが、ディズニーでは、けっこうすごい人たちが出がけています。

                 

                そんな中で最近有名になった人が、メアリー・ブレア

                彼女の作品は、ブッククーリエでもまとめて見れるようになっています。

                 

                続きます。

                 

                 


                blogram投票ボタン
                にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                banner_24.gif

                fc2バナー

                | Tote(トート) | 14:30 | - | - |
                ディズニー・アート展に行ってきた。 2
                0

                   

                  9月26日の続きです。

                   

                  ペンシルテストとは、アニメーション製作におけるウォルト・ディズニースタジオ独自のプロセスで、鉛筆スケッチの段階でいったんアニメに起こしてしまい、全体をチェックするというもの。

                   

                  ディズニー社では、これを創立当初から、ずーと行っていました。

                   

                  考えてもみて、ディズニー社設立は1923年。

                  パソコンやコンピュータグラフィックなんてカゲも形もない時代。

                   

                  すべて手描きでセル画を作成し、カメラで撮影してフィルムを現像してアニメーションを製作していた時代です。

                   

                  そんな環境で、鉛筆スケッチでアニメを作り、テストするなんて。

                  なんという労力と時間をかけていたんだろう。

                   

                  これがあったからこそ、ディズニーアニメのクォリティが実現し、維持されてきたのです。

                   

                  でも(だからこそ)、スタッフの間では、ウォルト・ディズニーは「人使いが荒い」ので有名だったとか。

                   

                  続きます。

                   

                   



                  fc2バナー
                  にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
                  blogram投票ボタン
                  banner_24.gif

                   

                   

                  | Tote(トート) | 11:42 | - | - |
                  ディズニー・アート展に行ってきた。
                  0

                     

                     

                    9月になったと思ったら、あっという間にもう最終週。

                    ずーと行きたい、行かねば、と思っていた「ディズニー・アート展」

                    最終日に行ってきました!

                     

                    とにかく混むだろうと思い、日曜日の朝早起きしてお台場の科学未来館へ行ったぞ。

                    朝イチは、まだそれほど混雑していなくて、思っていたよりもゆっくり見学できました。

                     

                    ディズニー90年の歴史をつくった、いろんな原画が見られるというのが、この展覧会の目玉でしたが、確かに見ごたえがありました。

                     

                    いまは、お絵かきはCGが主流の時代で、データとして作られたものは、いくらでもコピーできるけれど、手で描くということでは、原画は1枚きり。

                     

                    原画には、描いた人の筆圧や息づかいが感じられます。

                    力があるんだよね。

                     

                    そういう意味で、草創期からウォルト・ディズニースタジオを支えた人たちの肉筆スケッチが見られたのは感動モノですが、何より、Tote が感激したのは、会場に入ってすぐ、ペンシル・テストを見られたこと。

                     

                    続きます。

                     

                     



                    fc2バナー
                    にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
                    blogram投票ボタン
                    banner_24.gif
                     

                     

                     

                     

                    | Tote(トート) | 15:29 | - | - |
                    クマのプーさんとくまのプーさん
                    0

                      JUGEMテーマ:海外の名作絵本

                       

                       

                      プーさんについての小ネタをもうひとつ。

                      数あるプーさんの本やアニメ。ものによって、タイトル表記が「クマのプーさん」や、
                      「くまのプーさん」だったりするのですが、この違いってご存知ですか?
                      ちょこっと、調べてみました。

                      A・A・ミルン原作のものが「クマのプーさん」、ディズニー版が「くまのプーさん」ということで区別されているんです。


                      では、英語表記はどうなっているのかというと、この通り↓


                      ミルン版:クマのプーさん= Winnie-the-Pooh
                      ディズニー版:くまのプーさん= Winnie the Pooh 

                      微妙な違いに見えるけど、けっこう大事だと思う。

                       

                       

                      banner_24.gif
                      blogram投票ボタン
                      にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
                      fc2バナー

                      | Tote(トート) | 14:14 | - | - |

                      Calendar

                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode