Page: 1/1   
ジャックと豆の木/テングレン版 #リトルゴールデンブック
0

    JUGEMテーマ:神話・伝承全般

     


     

    「ジャックと豆の木/テングレン版(Jack and the Beanstalk)」
    グスタフ・テングレンによる「ジャックと豆の木」です。
    とてもポピュラーな童話で、小さな子向けの絵本が多いですが、このリトルゴールデンブックはテングレンが手がけただけあって、とてもアーティスティックな1冊になっています。

    ストーリーをご存知の方も多いと思いますが、さあ、内容を見てみましょう。

    貧しい暮らしをしているジャックとお母さん。
    ある日、お母さんは食べ物を手に入れるために、ジャックに牛を売りに行くようにいいました。でも、ジャックは牛をわずかな豆と交換してしまいます。

     



    豆を持って帰ったジャックにお母さんは腹を立て、窓から豆を捨ててしまいます。
    次の日、豆がこんなに育っていてびっくり。豆の木は天まで届きそう。

     


     

    ジャックが豆の木をのぼって行くと、そこは巨人の住処でした。

    巨人と金のたまごを産むめんどり。

     


     

    ジャックはこのめんどりをこっそり盗んで家へ帰ります。
    これで、ジャックとお母さんはもう生活に困ることはありません。めでたし、めでたし。

    今回ご紹介しているのは1956年発行の古い絵本で、希少な初版です。
    こういう絵本を見ると、昔のイラストレーターは本当に絵が上手いなあと思います。
    全てを手で描いていた時代ですね。肉筆の力強さや躍動感が伝わってきます。

    商品情報はこちらです。


     


    banner_24.gif
    にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ

    fc2バナー

    | Tote(トート) | 18:01 | - | - |

    Calendar

      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode