Entry: main  << >>
リチャード・スカリーについて
0
    こんにちは、Tote です。
    ブッククーリエ店頭では「スカリー&ウィルキン」特集が始まっています。
    このブログでも特集中の絵本をご紹介していくつもりですが、その前に この2人の作家さんたちのプロフィールをちょっこし お話しておいた方がいいですよね〜。画風については、個々の絵本の紹介の中で触れていきます。

    ということで、まずはリチャード・スカリー(Richard McClure Scarry)について。
    リチャード・スカリーは1919年、アメリカのボストンに生まれました。
    ボストンミュージアムスクール オブ ファインアートを卒業後、兵役を経て1940年代末からリトルゴールデンブックに関わるようになりました。

    文章も得意だったスカリーが手がけたリトルゴールデンブックのタイトルは250以上。全部で1億冊以上の絵本がアメリカと世界中で出版されたといわれています。まさに、ミスター・リトルゴールデンブック。

    息子さんによると、スカリーが遺した全ての絵本のうち半分は知育絵本でしたが、知育や教育目的の本でもあっても楽しくゴキゲンになれるような絵本作りを心がけていたそうです。
    そういわれれば、スカリーの知育絵本ほど楽しくお勉強できる本はないですよね。

    1968年にスカリーはスタジオをスイスに移し、1994年に亡くなるまでこの地で過ごしました。

    スカリーの奥さんパトリシア(Patricia Murphy Scarry)さんは児童作家で、奥さんとのコンビによるリトルゴールデンブックも数多く出版されています。

    参考:Pace, Eric. "Richard Scarry, 74, Children's Book Authur and Illustrator, Dies," New York Times, May 3, 1994.


    参考になりましたか?
    よろしかったら、クリックお願いします。
    にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へにほんブログ村

    | Tote(トート) | 06:19 | comments(0) | - |
    Comment








    Calendar

          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode