Entry: main  << >>
実写とアニメの間 2
0
    JUGEMテーマ:3D CG

    6月12日の続きです。

    「カーズ」はかわいくデフォルメされた車のキャラクターたちの3DCGアニメだというのは、みなさん、ご存知の通り。

    その続編「2」を観て、実写と見紛うほどのリアルな背景に驚いた人は多いと思う。
    一部実写なのでは?という声もあったくらい。それほど、自然に見えたのだけど、それって、つまりは、実写が混じっていても区別がつかないということだ。

    「カーズ2」を観たときに Toteが驚いたのは、CGのクォリティにはもちろんのこと、ポップにデフォルメされたキャラクターたちとフォトリアルな(あるいは実写の?)情景がなんの違和感もなく共存していたことでした。

    だってさ、ポップでかわいい系のアニメとフォトリアルやスーパーリアルなもの(あるいは実写)って、まったくの別物と思っていたから。
    でも、それが見事に融合しているのだから、衝撃だったわけです。

    融合しているということは、実写とCGの境目がわからないのと同じように、アニメとフォトリアルなCGの境目もわからないってことだ。

    フォトリアル、つまり実写に限りなく近いCGと融合させられるってことは、実写とアニメの境目がわからないくらいに融合させるのも可能ってことだ。

    続きます。





    fc2バナー
    banner_24.gif
    にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
    blogram投票ボタン


    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    | Tote(トート) | 10:56 | - | - |

    Calendar

          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode