Entry: main  << >>
マザーグースは愉しい。4
0
    JUGEMテーマ:マザーグース

    「伝承の絵本」ということで、前回はマザーグースの絵本をご紹介しました。
    そこで、前々から抱いている素朴というか、初歩的な疑問なのだけど、マザーグースって、「マザーグースの詩」or「歌」どっち?

    日本で翻訳され出版されているマザーグース関連の書籍類は、単に「マザーグース」か「マザーグースのうた」、「唄」になっているのが多いみたい。
    あー、「唄」ですか。口偏がつくと、なにやら口承ぽい感じがしますな。

    あらためて、マザーグースは詩なのか?それとも歌?唄?ってことなのですが、諸説あるようです。
    もともと、イギリスの伝承童謡すべてをひっくるめて「マザーグース」と呼ばれているので、童謡=歌なので、歌でもよさそう。

    でも、昔、読んだ本によると「歌」というほどのものでもないんだよ、と言っている人もいた。
    つまりは、きっちりした旋律なんてなくて、言語特有のリズム感を楽しむ言葉遊びのようなものなので、気楽に楽しめばいいといったようなことだったと思う。

    そういわれると、「きらきら星」や「ロンドン橋」などは昔からなにかと歌われる機会が多くて、はっきりとしたメロディーがあるけど、「これはジャックが建てた家」みたいに人によって読むリズムが違っていたりする詩も少なくなさそう。

    続きます。





    fc2バナー
    にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
    blogram投票ボタン
    banner_24.gif

     
    | Tote(トート) | 14:43 | - | - |

    Calendar

      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode