Entry: main  << >>
マッチ売りの少女
0

    JUGEMテーマ:海外の名作絵本




    こんにちは、Tote です。
    寒い日が続きますね。
    冬の童話の定番ともいえる絵本ご紹介しましょう。

    「マッチ売りの少女(Das Mädchen mit den Schwefelhölzern)」

     

    誰もが知っているアンデルセンの名作です。
    悲しくて切ないお話ですが、美しいんですよね。

    凍えるような寒い大晦日の夜、マッチを売る少女がいました。
    マッチは売れず、寒さとひもじさから少女は持っているマッチに火をつけます。
    マッチの炎が燃えているわずかな間、きれいなクリスマスツリーやおいしそうなごちそうの幻が現れては消えていきました。

    そうするうち、流れ星が流れます。



    次に、少女がマッチを擦ると、亡くなった やさしかったおばあさんが現れました。
    おばあさんの姿が消えてしまわないよう、少女は次から次に全てのマッチを燃やしてしまいます。

    でもね、もう何も心配することはないんです。
    少女は大好きなおばあさんといっしょに神様のもとへ…。



    色鉛筆で繊細に描かれた絵本です。
    商品情報はこちらです。






    fc2バナー
    にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
    blogram投票ボタン
    banner_24.gif

    | Tote(トート) | 17:47 | - | - |

    Calendar

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode