Entry: main  << >>
めんどりさんのパン
0

    JUGEMテーマ:海外の名作絵本

     

     

    今度はピクシー版の「赤いめんどり」ですが、日本語タイトルは直訳に近い感じで「めんどりさんのパン(Die Henne und das Brot)」としました。

    内容はリトルゴールデンブック版の「赤いめんどり」とほぼ同じですが、登場人物が少し違います。
    リトルゴールデンブック版の「おとなりさん」はアヒル、カモ、猫、ブタでしたが、こちらには猫が入っていません。

    まあ、どちらにしろ、怠け者に変わりありません。

     

     

    ↑めんどりさんが働いているのに、知らん顔のお隣さんたち。

    おしりの感じがいいですね。

    リトルゴールデンブック版とは違うところがもうひとつ。

    ひよたちが出てくるんです。

     

     

    最後、ひよこたちとおいしそうにパンを食べるめんどりさん。

     

    ご覧の通り、一部のページが2色刷りの古い絵本ですが、絵柄がとってもポップ。
    この絵本は1959年発行。

    ピクシー絵本初期の頃の希少なものです。

    アメリカぽいポップさだな〜と思って、奥付をよーく見ると、アメリカの Rand McNally 社のコピーライトがありました。

     

    Rand McNally といえば、リトルゴールデンブックのライバル、エルフブック(Elf Books)を出していた出版社です。その翻訳物だったんですね。

    商品情報はこちらです。

     

     

    banner_24.gif
    にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
    blogram投票ボタン

    fc2バナー

    | Tote(トート) | 18:07 | - | - |

    Calendar

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode