Entry: main  << >>
ヴィンテージ、それとも ビンテージ? 4
0

    JUGEMテーマ:

     

    間があきましたが、7月23日の続きです。

     

    「ヴィンテージ」と「ビンテージ」は日本語では音の区別がつかないので、「ビンテージ」に統一とのことですが、ブッククーリエでは、やはり「ヴィンテージ」のままでいこうと思います。

     

    その理由は、元の言語へのリスペクトからです。

     

    それと、日本人には「v」と「b」の発音の区別ができないというけど、練習したらできるようになるし、発音できるようになれば、その違いを聞き分けられるようになる。

     

    日本人の外国語学習能力をあなどってはいけない。

     

    外国の言葉や外来語をカタカナであらわすことは、この国で古くから行われてきたことです。また、日本人は外国語の習得が苦手だというのも昔からよくいわれます。

     

    「ヴ」という表記であれば元の言語のつづりは「v」、「バ」行であれば「b」だと推測できる。これって、外国語の習得に(少なからず)役に立つと思うんだけどなぁ。

     

     


    にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
    banner_24.gif
    fc2バナー

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    | Tote(トート) | 11:45 | - | - |

    Calendar

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode