Entry: main  << >>
トイ・ストーリー4を観てきた。 2
0

     

    7月17日の続きです。

    トイ・ストーリー4を観てきたと言ってから、ひゃー、2カ月近く経っていました。すいません。

     

    前回、トイ・ストーリーはピクサーの原点だと書いたのですが、それは、すなわちディズニー=ピクサーの現社長、ジョン・ラセターの原点なのだろうなと思うのですよ。

     

    おもちゃというモノにも命が宿って、いろんなストーリーが生まれる、というのは、ウォルト・ディズニーの思索の中にもありました(美女と野獣の家具や食器的なことではなく、純粋に、そのモノ自体に魂とキャラクターがあるということです)。

     

    ウォルト時代の、そういったモノたちを主役にしたディズニー作品は、最盛期や晩年よりも草創期から1960年代くらいにかけて多いようです。

     

    古くは、シリー・シンフォニーの中の短編や、そしてメアリー・ブレアのモノ3部作。

    (モノ3部作というのは、「青い自動車」「小さな家」「小さな郵便飛行機」で、なぜか このうち「郵便飛行機」だけがリトルゴールデンブックになっていません。)

     

    これらのモノたちのストーリーがラセター少年の原点になっていったのでは、と Tote は想像している。

     

    実際に、ラセターはブレアをめっちゃ尊敬しているし、「カーズ(Cars)」はブレアと「青い自動車」への最大のオマージュだと思います。

     

    続きます。

     

     



    fc2バナー
    banner_24.gif
    にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    | Tote(トート) | 12:09 | - | - |

    Calendar

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode