Entry: main  << >>
紙の本を読む 3
0

    JUGEMテーマ:

     

    1月26日の続きです。

    情報を直接脳に送れるようになったら、それってどんな感じなんだろうと思いませんか?

    映像や文字として視覚を通して入ってくるのか、それとも、音声として聴覚を通して入ってくるのか、それとも……。

    読書は情報や知識を得るための行為ではあるのだけど、本のページをめくり、活字を目で追う(電子書籍の場合は、画面をフリックしたり)、そういう体で行う動作も含めて「読書」だと Tote は考えております。

     

    何のために人間は読み書きをするのか。
    何のために人間は会話をするのか。

    脳に直接情報を送ることは、読書になるのか?

    脳に直接情報を送りあうことは、コミュニケーションになるのか?

    本来、人間は、体がなければ、読書はできないし、考えることもできないんじゃないかと思う今日この頃。

     

    続きます。

     

     

    banner_24.gif
    にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
    fc2バナー

    | Tote(トート) | 23:02 | - | - |

    Calendar

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode