Entry: main  << >>
「しろばらとべにばら」の続きが気になる
0

    JUGEMテーマ:神話・伝承全般

     

    先日ご紹介した「しろばらとべにばら(SchneeweiBchen und Rosenrot)」ですが、続きというか結末が気になりますよね。

     

    魔法で動物に姿を変えられていた王子さまが元の姿にもどるという童話はよくあって、その場合、ヒロインと結婚してめでたし、めでたしというのが、定番のエンディングかと。

     

    「しろばらとべにばら」でも、クマの姿にされていた王子さまが元にもどりますが、ここで、あれっと思いませんか?

     

    そう、このお話のヒロインは2人。

    王子さま1人と女の子2人、どうするんだ…?、と Tote も思ったのですが、実は、王子さまには弟がいたのです。

     

    そこで、しろばらは王子さまとべにばらは王子さまの弟と結婚し、みんなでいつまでも仲よく暮らしました。

     

    というのが結末ですが、王子さまがクマから元にもどってからがけっこう長いですね。

     

    この他にも、話の中ほどでしろばらとべにばらが悪い小人を(悪者と知らずに)助けるエピソードがありますが、この小人、長いひげが倒木の下じきになって動けなくなっていたり、川で魚のくわえたつり糸にひげがからまったりしたこともあり、そのたびに合わせて3回2人に助けてもらっているのです。

     

    小人を助ける状況も↑このように非常にややこしく、説明するのにすごい文字数に…。絵本にすると文字数もページ数も多くなってしまいます。

    このお話があまり絵本になってないのは、それも理由のひとつかもしれません。

     

    ピクシー絵本版では、仕様でページ数が決まっていて、やはり文字数多めですが、お話自体はけっこうフルに再現されていると思います。

     

     


    fc2バナー
    にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
    banner_24.gif

    | Tote(トート) | 09:53 | - | - |

    Calendar

          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode