Page: 2/166  << >>
インクレディブルファミリーを観て来た
0

    JUGEMテーマ:ディズニー=ピクサー

     

     

    こんにちは、Toteです。

    先日、ピクサーの最新作「インクレディブルファミリー」を観て来ました。

     

    劇場公開されるピクサーのアニメはすべて映画館で観ることが、Tote に与えられた使命なので、ずーっとそうしているんだが、何本目だっけ?

     

    もちろん、楽しみにしておりましたが、「もひとつらしいという前評判がある」というウワサを聞き、ちょっと不安になりながら「いや、そんなはずはない」と思いながら、映画館へ。

     

    観終わって「どこが、もひとつやねん!」

    めちゃくちゃ満足しましたぞ。

    ウワサは、まったくのウワサすぎたということです。

     

    続きます。

     

     

    blogram投票ボタン
    にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
    fc2バナー

    banner_24.gif

    | Tote(トート) | 22:24 | - | - |
    ジョーンズ牧場のどうぶつたち|リトルゴールデンブック 2
    0

      JUGEMテーマ:海外の名作絵本

       

      8月6日に表紙だけお見せした「ジョーンズ牧場のどうぶつたち(The Animals of Farmer Jones)」の中身をちょこっとご紹介します。

       

      1947年版と1992年発行の復刻版があるのですが、古い1947年版です。

      初版のまま、仕様はほとんど変わっていないようです。

       

      このタイトルはリトルゴールデンブック 創刊時の12冊の1つ。

      最初のリトルゴールデンブックの雰囲気が味わえます。

       

      これは、ジョーンズさんの農場のいろんな動物たちのえさ。

      動物の種類によって、食べるものがちがいますからね。

       

      ジョーンズ牧場のどうぶつたち|リトルゴールデンブック1

       

      すごい細密描写。

      格調の高さを思わせるタッチです。

       

      ジョーンズ牧場のどうぶつたち|リトルゴールデンブック2

       

      とても古い絵本なので、半分くらいのページがスミ1色刷りです。

       

      ジョーンズ牧場のどうぶつたち|リトルゴールデンブック3

       

      70年以上も前の絵本とは思えないくらい、いきいきとした筆使いが伝わってきます。

       

      商品情報はこちらです。

       

       

      blogram投票ボタン
      にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
      banner_24.gif
      fc2バナー

      | Tote(トート) | 11:51 | - | - |
      動物を描くということ 9
      0

        JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

         

        まだまだ暑いですね〜。

        熱中症対策はできていますか?

         

        今年は動物の絵本をアップし続け、またご紹介してきました。

         

        ブッククーリエ はヴィンテージのリトルゴールデンブック とピクシー絵本を扱っているので、おのずと古い絵本ばかりになるんですが、昔の絵本を見ると、動物の描き方のバリエーションが非常に豊富なことがわかります。

         

        1990年代までは、絵というものは、人間がすべて手で描いていましたからね。

        各種ドローイングや透明水彩、不透明水彩、切り絵、etc

         

        古い時代ほど、1人でいろんなタッチを描き分けていた作家さんが多かったような気がする。

         

        現在、CGもかなり発達しましたが、印刷を通しても伝わる肉筆の力というのは、まだしばらくは人間の方が上じゃないかと思う。それには、タッチだけでなく元になるデッサンの正確さもあるんだろう。

         

        何を書きたいか前置きが長くなってしまいましたが、たくさんの古い動物の絵本を見ていると思うことがある。それは、再三このブログで書いていることなのですが、動物を描くことのむずかしさと、描いて見せることの大切さ。

         

        続きます。

         

         

         


        blogram投票ボタン
        にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
        banner_24.gif

        fc2バナー

         

         

        | Tote(トート) | 20:25 | - | - |
        ジョーンズ牧場のどうぶつたち/リチャード・スカリー版|リトルゴールデンブック
        0

          JUGEMテーマ:海外の名作絵本

           

          ジョーンズ牧場のどうぶつたち/リチャード・スカリー版表紙

           

          8月6日の続きです。

           

          前回、リトルゴールデンブック 創刊時から続いたロングセラー

          「ジョーンズ牧場のどうぶつたち(The Animals of Farmer Jones)」をご紹介しました。

           

          創刊のときの12タイトルのうちの1つだったので、初版発行は1942年。

          1953年からは、イラストレーターが代わり、リチャード・スカリーが手がけるようになりました。

           

          スカリーといえば、日本でも非常に人気の高い作家さんですが、リトルゴールデンブック にはなくてはならない人です。詳しくは、右側の検索ボックスで検索してみてください。

           

          今回、スカリー版は1979年発行の18版が入荷しています。

          商品情報はこちらです。

           

           

          blogram投票ボタン
          にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
          fc2バナー

          banner_24.gif

          | Tote(トート) | 17:31 | - | - |
          ジョーンズ牧場のどうぶつたち|リトルゴールデンブック
          0

            JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

             

             

            やはりアメリカの人たちにとって「牧場」は特別な場所みたい、と実感するのがこのリトルゴールデンブック 。

            「ジョーンズ牧場のどうぶつたち(The Animals of Farmer Jones)」です。

             

            リトルゴールデンブック が創刊されたのは1942年。

            そのとき、12の絵本が同時に発売されました。

            そのうちの1冊が、このお話だったのです。

             

            最初のリトルゴールデンブックたちに牧場の絵本が含まれていたんです。

             

            今回、ブッククーリエ 店頭では、初版と同じ仕様の1947年版復刻版が入荷しています(版名をクリックすると、商品情報をご覧いただけます)。

             

            ↑上の画像、左が1947年版、右が復刻版です。こうして見ると興味深いですね。

            ご覧の通り、ごく初期のリトルゴールデンブックの製本テープは紙だったんですよ。

             

            この作品は1952年までは初版の仕様のままでしたが、53年には大きく変わります。

            それ以降、あの人気作家が手がけるようになったのです。

             

            続きます。

             

             

            blogram投票ボタン
            にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
            banner_24.gif
            fc2バナー

            | Tote(トート) | 16:01 | - | - |
            いたずらハッピー|ピクシー絵本
            0

               

              いたずらハッピー|ピクシー絵本表紙

               

              小学生の男の子とペットのハムスターのお話を描いたピクシー絵本です。

              「いたずらハッピー(Jens und sein Hamster)」

               

              ハムスターはドイツでも定番のペットのようです。

              ジェンが飼っているハムスターのハッピーはちょっぴりいたずら者。

               

              ある朝、ジェンの朝食中、通学かばんの中に入ってしまいました。

               

              いたずらハッピー|ピクシー絵本1

               

              それに気づかずに出かけたジェン。

              通学途中のバスの中で、ハッピーに気づきます。

               

              いたずらハッピー|ピクシー絵本2

               

              しかたないので、学校に連れて行くことに。

              つくえの下にハッピーを隠していましたが、先生にみつかってしまいました。

               

              いたずらハッピー|ピクシー絵本3

               

              先生にしかられる?

              いえいえ、ハッピーをモデルにお絵かきの時間になりました。

               

              いたずらハッピー|ピクシー絵本3

               

              物わかりのいい先生でよかったね!

               

              このピクシー絵本は1970年代に日本でも出版されました。

              日本語タイトルは当時のものです。

               

              商品情報はこちらです。

               

               


              blogram投票ボタン
              にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
              banner_24.gif

              fc2バナー

              | Tote(トート) | 14:33 | - | - |
              動物が得意な作家さん 2
              0

                JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

                 

                7月19日の続きです。

                 

                ガース・ウィリアムズの作品で日本で最も有名なのは「しろいうさぎとくろいうさぎ」でしょう。うさぎのふわふわした毛並みなど、独特のタッチが良く生きてますよね。

                 

                この人はたくさんの名作絵本を手がけていて、多くの作品が日本でも翻訳されていますが、実は、リトルゴールデンブック も数多く描いていて、そのうち日本語に翻訳されているものも少なくありません。例えば、この絵本とか。

                 

                単に、かわいいだけじゃなく、いろんな感情を見せる動物たちがウィリアムズの絵本の魅力だと思うのですが、人間のお話も描いていました。

                 

                それは、あの「大きな森の小さな家」シリーズ。

                Tote が子供のころは、NHKのドラマシリーズ「大草原の小さな家」として放映されていて、楽しみにしていました。

                 

                その原作は少年少女文庫みたいな感じだった。あー、なつかしい。

                小さいころにこの人の絵に触れられるのって、いいことだと思う。

                 

                ガース・ウィリアムズのリトルゴールデンブック はこちらでご覧いただけます。

                 

                 

                blogram投票ボタン
                にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
                fc2バナー

                banner_24.gif

                 

                | Tote(トート) | 15:20 | - | - |
                だいすきの本|リトルゴールデンブック
                0

                  JUGEMテーマ:海外の名作絵本

                   

                  だいすきの本|リトルゴールデンブック表紙

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  ガース・ウィリアムズのすてきな1冊をご紹介します。

                  「だいすきの本(The Friendly Book)」

                  いろんな動物たちが出てきます。

                   

                  この絵本の文章を書いたのは、有名な児童文学者のマーガレット・ワイス・ブラウン。

                  「わたしの好きなもの」をテーマに、特にストーリーはないのですが、韻を踏んだ詩が心地よくやさしく楽しい作品になっています。

                   

                  この詩とガース・ウィリアムズのペンタッチのイラストが良い味わいになっています。例えば、こんな感じ。

                   

                  「列車が好き」という詩のページ。

                   

                  ガース・ウィリアムズ|リトルゴールデンブック 1

                   

                  「雪が好き」。この季節、目だけでも涼しくなれそう?

                   

                  ガース・ウィリアムズ|リトルゴールデンブック2

                   

                  最後は、「人が好き」。

                   

                  ガース・ウィリアムズ|リトルゴールデンブック3

                   

                  こんな動物たちに好きになってもらえたら、うれしいですね。

                  商品情報はこちらです。

                   

                   

                  blogram投票ボタン
                  にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
                  banner_24.gif
                  fc2バナー

                  | Tote(トート) | 15:59 | - | - |
                  動物が得意な作家さん
                  0

                    JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

                     

                    外出を控えた方がいいような猛暑が続いています。

                    こんな夏は、クーラーの効いた部屋で読書にいそしみたいもの。

                     

                    ブッククーリエ では、今年は動物をテーマにリトルゴールデンブック とピクシー絵本をご紹介してきました。うーん、それにしても動物の絵本は多いしバリエーションも豊かです。

                     

                    そこで、ちょっと作家さんたちに目を向けて見たいと思うのですが、動物を得意にしている作家さんも多いですね。

                     

                    まず、リトルゴールデンブック で動物の絵本といえば、リチャード・スカリー

                    この人を抜きにしては語れません。

                    リトルゴールデンブックを支えたもう一人のビッグネーム、エロイーズ・ウィルキンも繊細で美しく動物たちを描いています。

                     

                    このお二人については、以前にも書いているので、右の検索(Search)ボックスで検索してみてください。また、上記の名前の部分をクリックすれば、それぞれの作品をご覧になれます。

                     

                    加えて、Tote が個人的にいま注目しているのは、ガース・ウィリアムズ

                    日本でも有名な作家さんですが、リトルゴールデンブック も意外とたくさん手がけていたのです。

                     

                    続きます。

                     

                     


                    blogram投票ボタン
                    にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                    banner_24.gif

                    fc2バナー

                    | Tote(トート) | 17:05 | - | - |
                    まきばのどうぶつ|リトルゴールデンブック
                    0

                      JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

                       

                      Animals on the Farmリトルゴールデンブック 表紙

                       

                      いろんな動物の親子が描かれたリトルゴールデンブック です。

                      「まきばのどうぶつ(Animals on the Farm)」

                       

                      農場や牧場には、いろんな動物がいます。

                      春になると、そんな動物たちに赤ちゃんが生まれます。

                       

                      とてもかわいくて元気な動物の子供たちとお母さんたちの姿はとてもほほえましいものです。

                      例えば、こんな感じ。

                       

                      Animals on the Farmリトルゴールデンブック 1

                       

                      牧場になくてはならない存在のコリー犬のお母さんと子供たち。

                      ちなみに子犬は英語で、pup か puppy 。

                      ここでは、pup になっています。

                       

                      Tote が大好きなページ↓

                       

                      Animals on the Farmリトルゴールデンブック 2

                       

                      子ブタは英語で、piglet 。

                       

                      こちらは、めんどりとひよこたち。

                       

                      Animals on the Farm リトルゴールデンブック 3

                       

                      この他にも、いろんな動物の親子たちがやさしいタッチで描かれています。

                       

                      ところで、英語では動物の種類によって子供の呼び方がちがったりしますが、そういう意味では、この絵本は英語の勉強にもなりますよ。

                      商品情報はこちらです。

                       

                       

                      blogram投票ボタン
                      にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
                      fc2バナー

                      banner_24.gif

                      | Tote(トート) | 14:33 | - | - |

                      Calendar

                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode