Page: 2/50  << >>
こいぬのラッキー|リトルゴールデンブック/おまけ
0

     

     

    先日の「こいぬのラッキー(Lucky Puppy)」のおまけです。


    ラッキーたちは15匹きょうだい(Tote はこどもの頃、101匹全員がきょうだいだと思っていた…)。全員そろっているのが上の画像です。

    この子たち、みんなの名前ってご存知ですか?

    ペニー、レニー、ソルト、ペッパー、ジョリー、ロリー、パッチ、ラッチ、スポット、ドット、ブロブ、ブロット、ブラッキー、ホワイティーです。

    だれがどれかわからない…。

    「101匹わんちゃん」本編では、ラッキーは仮死状態で生まれ、飼い主のロジャーたちの世話で息を吹き返し、幸運な子犬ということでラッキーと名付けられました。

     

     

    blogram投票ボタン
    にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
    fc2バナー

    banner_24.gif

    | Tote(トート) | 14:30 | - | - |
    リトルゴールデンブックの裏表紙 2(改・再掲)
    0

      JUGEMテーマ:海外の名作絵本

      JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

       

       

      5月15日の記事の続きというかおまけです。

      前回、1950年代後半までのリトルゴールデンブックの裏表紙4種類をご紹介しましたが、ちょこっと注意しておいた方がいいことがあります。

       

      15日の記事の画像 右下の裏表紙のデザイン、55年ごろに出回っていたものですが、後ほど60年代後半に復活しているのです。

      その年代違いの2冊を比べたのが上の画像↑。
      左側が55年当時のもの、右側が1969年発行のものです。

       

      一見すると同じように見えるんですが、よーく見ると、製本テープが違います(コレ、大きなポイント)。

       

      ↓製本テープの部分を横に見た画像。上が55年、下が69年発行のものです。

       

       

       

       

      書かれている文章の内容も違います。

      50年代版は「これまでにリトルゴールデンブックは3億部以上〜」とあります。で、60年代は「10億部以上〜」となっています(なにげにスゴい数字。何度も読み直してしまった)。

      以前のデザインが復活したのは(復刻版を除いて)これだけのようですが、リトルゴールデンブックの年代を調べるときは発行年度(表記されていれば)、裏表紙、製本テープなど いろんな点からチェックした方が良いということです。

       

      続きます。

       

      blogram投票ボタン
      にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
      banner_24.gif
      fc2バナー

       

      | Tote(トート) | 14:50 | - | - |
      こいぬのラッキー|リトルゴールデンブック
      0

         

         

        ディズニーの子犬のリトルゴールデンブックです。

        「こいぬのラッキー(Lucky Puppy)」


        見ておわかりの通り、ダルメシアンの子犬です。

        ダルメシアンといえば、そうディズニーのアニメ映画「101匹わんちゃん」のスピンオフストーリーのめずらしい絵本です。

        ラッキーには14匹のきょうだいがいます。

        きょうだいたちは庭で遊んだり、パピートリック(お手やおすわりなどの芸)の練習に夢中ですが、ラッキーはテレビを見るばかり。

         

         

        テレビに見入るうしろ姿がなんともカワイイですね。
        ラッキーはテレビドラマに出てくるタレント犬にあこがれているんです。

        「ぼくもあんなふうになりたいな」。

         

         

        こっそり家をぬけ出して、街で通行人にテレビドラマのアクションシーンのマネをして見せるのですが、誰も見てくれません…。

         

         

        おまわりさんに家に帰されました。
        疲れたラッキーは「普通の犬でいる方がいいや」。

        商品情報はこちらです。

         

         

         


        blogram投票ボタン
        にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
        banner_24.gif

        fc2バナー

         

        | Tote(トート) | 17:49 | - | - |
        リトルゴールデンブックの裏表紙 1(改・再掲)
        0

          JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

           

           

          リトルゴールデンブックの裏表紙です。

           

          今回から何回かに分けて、リトルゴールデンブックの(発行された)年代の見分け方をお教えします。


          古いものから順にご紹介していきます。

          上の画像の左上から時計回りに、1943年〜50年、〜1950年代中ごろまで、1955年ごろ、同じく1955年ごろ。右上下の微妙な違いに注意。


          実は、左上のものの前に創刊当初の1942年〜43年に使われた最も古いデザインがあるのですが、当店に現物がありません。

           

          近年の復刻版ならあるのですが、細部が少し違っていたり、やはり使用感が違うため 載せるのをやめました。その実際のデザインは左上のものと同じ飾り枠の中に最初の12冊のリストが表記されています。


          1950年から60年代にかけては、本当によくデザインが変わっていました。

           

          続きます。

           

           

          blogram投票ボタン
          にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
          fc2バナー

          banner_24.gif

          | Tote(トート) | 15:59 | - | - |
          リトルゴールデンブックの発行年を知るには
          0

            JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

             

            先日から、ちょこちょこリトルゴールデンブックの年代を知る方法について、以前書いた記事にプラスアルファしながら再度アップしております。

             

            リトルゴールデンブックの発行年の表記は、実は、年代によって違っています。

             

            コレクターとしては、そこがちょっと悩ましいのですが、1970年代までは、XXXX年発行第X版(Xth Printing in XXXX)と扉ページか2ページ目に明記されていました。

             

            しかし、80年代以降はコピーライトの年しか表記されていないことがあるのです。

             

            コピーライトの年を発行年とカン違いしている人って案外 多く、たまに古書店さんでも…。コピーライト年=コピーライトを登録した年ですから、再販をくり返している場合コピーライト年は古くても本そのものは新しいこともあります。

             

            そんなときはロゴマーク製本テープが年代を知る手がかりになることを以前 書きましたが、裏表紙も役に立ちます。

             

            リトルゴールデンブックの裏表紙のデザインはロゴマークや製本テープよりも頻繁に変わっているので、実は重要な手がかりになるのです。

             

            そんなわけで、次回からリトルゴールデンブックの裏表紙による年代の見分け方について説明していきますね。

             

             


            blogram投票ボタン
            にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
            banner_24.gif

            fc2バナー

             

            | Tote(トート) | 23:42 | - | - |
            ねこやなぎ|リトルゴールデンブック が再入荷
            0

              JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

               

              ねこやなぎ|リトルゴールデンブック

               

              とても美しいねこのリトルゴールデンブックが再入荷しました。

              「ねこやなぎ(Pussy Willow)」

               

              植物の名前、ねこやなぎは英語で「pussy willow」。

              willow は柳、pussy はねこという意味なので、英語でもそのまま同じなのです。

               

              この絵本のねこやなぎは表紙のこのねこちゃんの名前でもあります。

              ねこやなぎちゃんのしっぽは、もちろん猫柳の穂のようにもふもふです。

               

              詳しい内容は以前にご紹介しています。

              商品情報はこちらです。

               

              blogram投票ボタン
              にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
              fc2バナー

              banner_24.gif

               

              | Tote(トート) | 17:45 | - | - |
              ダルメシアンと消防車
              0

                JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

                 

                先日のリトルゴールデンブック「しょうぼうしょのねこ サム」の記事でもちょこっと触れたんですが、アメリカの消防車にはダルメシアン 犬が乗っていることが多い。

                 

                ほら↓この超ロングセラーのリトルゴールデンブックでもこの通り。

                 

                それいけしょうぼうしゃリトルゴールデンブック表紙

                 

                「それいけ しょうぼうしゃ(Fire Engines)」

                *タイトルをクリックすると、商品詳細ページに飛びます。内容については、こちらをどうぞ。

                 

                アメリカでは、ダルメシアン わんこは消防署のマスコットとしてポピュラーらしいのですが、なんで?

                 

                調べてみると、自動車がなかった時代の消防車は馬車でした。

                そして、ダルメシアンは馬を先導できる唯一の貴重な犬種だったことから、消防車の先導役だったのだそうです。なんとも優秀なわんこではないですか!

                 

                今では、消防士さんたちのいやし役で飼われていることが多いのだとか。

                 


                fc2バナー

                blogram投票ボタン
                にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
                banner_24.gif

                 

                 

                | Tote(トート) | 17:30 | - | - |
                しょうぼうしょのねこ サム|リトルゴールデンブック
                0

                  JUGEMテーマ:絵本のたからばこ

                   

                  しょうぼうしょのねこ サム|リトルゴールデンブック表紙

                   

                  ちょっとめずらしい ねこのリトルゴールデンブックをご紹介します。

                  消防士みたいな活躍をするねこのお話です。

                  「しょうぼうしょのねこ サム(Sam, the Firehouse Cat)」

                   

                  サムは消防署に住むねこ。

                  消防署といえばダルメシアン犬ですが、この消防署には犬のスパーキーもいます。

                   

                  しょうぼうしょのねこ サム|リトルゴールデンブック1

                   

                  ある日、火事が起きて、スパーキーは消防車に乗って出動しました。

                  火事は消防署の近く。消防署の窓から、サムは火の中にねこの親子が取り残されているのをみつけます。

                   

                  しょうぼうしょのねこ サム|リトルゴールデンブック2

                   

                  サムもすばやく出動!

                  親子の元にかけつけます。

                   

                  しょうぼうしょのねこ サム|リトルゴールデンブック3

                   

                  このあと、サムはねこの親子を無事救出しました。

                  なんて、勇気のあるねこなんでしょう。

                   

                  この絵本は全て色えんぴつで描かれています。

                  煙の感じや躍動感、スピード感プラスほっこりする感じもあっていいですね。

                   

                  商品情報はこちらです。

                   


                  blogram投票ボタン
                  にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                  banner_24.gif

                  fc2バナー

                   

                  | Tote(トート) | 20:05 | - | - |
                  おしゃれキャット|リトルゴールデンブック 2
                  0

                     

                    4月9日の続きです。

                     

                    ディズニーのリトルゴールデンブック「おしゃれキャット(The Aristocats)」の中身をちょこっとお見せします。

                     

                    舞台はフランスのパリ。

                    猫のダッチェスとそのこどもたちは裕福な老婦人の元で、何不自由なく楽しく暮らしていました。

                     

                    おしゃれキャット-リトルゴールデンブック1

                     

                    しかし、老婦人が財産をダッチェスたちに残すよう遺言書を作ったことを知った執事の悪だくみによって、ダッチェスとこどもたちは見ず知らずの土地に捨てられてしまいます。

                     

                    おしゃれキャット-リトルゴールデンブック2

                     

                    そんなとき、風来坊でノラ猫のオマリーに出会います。

                    オマリーに助けられながら、ダッチェスたちはパリのお屋敷に戻ろうとします。

                     

                    ダッチェスたちは無事にパリに帰ることができるのでしょうか?

                     

                    日本ではマリーちゃんの方が有名ですが、エレガントながら気丈なお母さんでもあるダッチェスがすてきです。

                     

                    商品情報はこちらです。

                     


                    fc2バナー

                    blogram投票ボタン
                    にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
                    banner_24.gif

                    | Tote(トート) | 11:48 | - | - |
                    おしゃれキャット|リトルゴールデンブック
                    0

                       

                      おしゃれキャット-リトルゴールデンブック表紙

                       

                      ディズニーには、いろんな動物のキャラクターがいますが、ねこは案外少ない。

                      その理由はまたの機会に考えたいと思いますが、数少ないディズニーのかわいいねこちゃんのリトルゴールデンブックを紹介します。

                       

                      「おしゃれキャット(The Aristocats)」

                       

                      同名のディズニー映画(日本では1972年に公開)から書籍化されたもので、原題は「The Aristocats」。貴族という意味の単語、aristocrat をもじったようです。

                       

                      絵本を読むと物語は起伏があっておもしろいし、ダッチェスのお母さんらしい気づかいや風来坊のオマリーとジャズミュージシャンの猫たち、悪役の執事も含めキャラクターの造型もしっかりしています。

                       

                      日本では映画の人気があまりなかったというのが不思議。


                      ストーリーはいわゆるおとぎ話的ではなく、割と現実味のある設定です。そんなことから、ディズニー作品としては少し異質と受け取られたのかもしれません。

                       

                      ディズニーのキャラクターで猫ってめずらしい上に、ダッチェスはエレガントな大人。

                      だからこそ、ちょっとおてんばでキュートなマリーちゃんとの対比がきいていて楽しいです。

                       

                      ダッチェスがマリーをエレガントなレディ(aristocats)にしつけようとする場面がいいです。

                       

                      内容については、次回ご紹介します。

                      商品情報はこちらです。

                       

                       


                      blogram投票ボタン
                      にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                      banner_24.gif

                      fc2バナー

                       

                      | Tote(トート) | 14:37 | - | - |

                      Calendar

                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode