Page: 2/19  << >>
トラブル続きで… 3
0

    JUGEMテーマ:メディアリテラシー

     

    12月23日の続きです。

     

    トラブルの話、それもドタバタ話を年をまたいでまですることになり、申し訳ありません。

    とはいえ、実際に年を越してしまった…。

     

    結論からいうと、iPhone は寿命で買い換え、iMac はりんごストアのジーニアスなお兄さんにいろいろやってもらったら、なんとか復旧しますた。

     

    結果として、もちろん良かったんだが、疲れた。ものすごく疲れた。体も脳も。

    12月の後半は何回りんごストアに行ったんだろう(遠い目)…。1日2回行った日もあるよ。

    結局、iPhone なんか3回くらい初期化して復元したし…。

     

    で、この間たまたま以前から予約していたサイバーセキュリティセミナーに行ったりして、セキュリティも含めて事務所のシステムを時代にあわせて、ちょっとどうにかしないといけませんなと社長と話していたところで、年末年始休暇に。

     

    そして、この年始早々、Tote が使っているもう1台の iMac にヘンな症状が…。

     

    続きます。

     

     

     


    blogram投票ボタン
    にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
    banner_24.gif

    fc2バナー

     

    | Tote(トート) | 20:23 | - | - |
    トラブル続きで… 2
    0

      JUGEMテーマ:メディアリテラシー

       

      12月16日の続きです。

       

      こんにちは、Toteです。
      なかなか更新できなくて、すいません。この1週間、スマホとパソコンの設定ばかりやっていました。


      スマホとパソコンが同時におかしくなったというのは、連動していたわけではなく、たまたまだったのですが、もちろん両方ともなんとかしないといけないわけで…。


      まあ、人間こういうときは頭がフリーズしますな。それでも、なんとかしないといけないので、とりあえずできることから、やることにしたんですよ。

       

      というのも、物理的にiMacはデスクトップなのです。
      りんごストアに持って行くのは大変。そこで、とりあえず iPhone持って りんごストアに向かった。

      選択肢としては、両方同時に治すのが理想的なんだけど、脳のフリーズが解けたとしても、1つずつしか対応できないと思ったからでした。

       

      そして、このときほど、りんごストアが事務所の近くでよかった&法人サポートに入っていてよかった(涙)、と思ったことはないほど思ったのであります(法人サポートに入っていれば、ジーニアスの予約がすぐ取れる)。

       

      続きます。

       

       

      blogram投票ボタン
      にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
      banner_24.gif
      fc2バナー

      | Tote(トート) | 23:13 | - | - |
      なんだか、もの足りない。3
      0

        JUGEMテーマ:メディアリテラシー

         

        5月24日の続きです。

         

        「なんだか、もの足りない」と言ったまま、続きを書こうと思いながら、ひゃー、いつの間にか1ヵ月以上経っていました。

         

        こんな風に、ダラダラしているとスグに時間が経ってしまうわけですが、紙の新聞をとっていたら、1ヵ月分て体積にするとけっこうありますよ。

         

        それが物体として何もないんだから、確かに、そういう意味でももの足りないかもしれない。

        手で紙をめくる実感も大事なんだろうな。

         

        新聞に限らず、紙の資料を読むときは、そういう体感的なことに加え安心感もあるのかなと、最近思う。

        紙の新聞は「1次ソース」なんですよ。

         

        だから、紙の資料にあたるときは(ほとんどの場合)「これって、1次ソースなのかな?」なんて考える必要なく、ただ、ひたすら読み込めばいいからね〜。

         

        ネットで情報探しをするときは、まずは1次ソース探しになるものね。

        「お、これは」という情報をみつけても、それが1次ソースなのかどうか、裏取りしないといけません。

         

        なんか、それが最近ちょっと空しく思えるのですよ。

         

         

         

        blogram投票ボタン
        にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
        banner_24.gif
        fc2バナー

         

         

        | Tote(トート) | 13:55 | - | - |
        なんだか、もの足りない。2
        0

          JUGEMテーマ:メディアリテラシー

           

          5月12日の続きです。

           

          そうなんです。Tote は(紙の)新聞とるのをやめたんですよ。

          つまり、毎日、新聞が配達されて来ないんですよ。

           

          そうしたら、なんだか、もの足りない。

          新聞読むヒマがなくて、溜まっていく一方だったので、やめたんだけど。

          また、購読を再開しても同じことになると思うんだけど…。

           

          仕事の上では、とりあえず電子(ネット)版でこと足りてはいるんだけど、

          何なんだろう?このもの足りなさは。

           

          時間さえあれば、紙の新聞を読むのって楽しいですよ。

          スミからスミまで、情報がつまっているからね。

           

          スミからスミまで紙の新聞を読むのって、なんだか、探検しているような、冒険しているような気分になるんですよ。

           

          それに比べて、モニター通してネットの新聞を読むのは、ザッピングて感じ。

           

          続きます。

           

           

          blogram投票ボタン
          にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
          banner_24.gif
          fc2バナー

           

           

          | Tote(トート) | 14:39 | - | - |
          なんだか、もの足りない。
          0

            JUGEMテーマ:メディアリテラシー

             

            久しぶりに、紙とデジタルについて思うことがあるんですが、Tote は紙の新聞をずーととっていたんだが、やめました。

            毎日、自宅(事務所)に配達してもらう、あれです。

             

            昔は、家に毎日配達してもらうモノって、新聞以外にも、いろいろあったな。

            牛乳とか、ヤクルトとか。

             

            実家を出てからは、自分で牛乳もヤクルトもとることはなかったけど、新聞はずーととり続けていました。

             

            何十年、毎日、家に新聞が配達され続ける生活をしていたのに、なぜやめたのか。

            その理由は、ネットで読めばいいと思ったからではなくて、単純に新聞読む時間がなかったから。

             

            とにかく、読む時間がないのに、次から次に配達されて来るんだ。

            後から読むつもりの新聞「紙」が高く積み上げられて、事務所がせまくなっていったのです。

             

            それなら、読めるときにネットで読めばいいやと思って、やめたのでした。

             

            そして、数ヶ月たつんだけど、

            ときどき、ネット上で電子版の新聞を読んでいるんだけど、

             

            なんだか、もの足りない…。

             

            続きます。

             

             

            blogram投票ボタン
            にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
            banner_24.gif
            fc2バナー

             

            | Tote(トート) | 20:29 | - | - |
            情報の海で溺れない 12
            0

              JUGEMテーマ:メディアリテラシー

               

              2月3日の続きです。

               

              このテーマがやたら長くなってしまっているので、ここらで どうにか終わらせたい。

              といっても、この話題は「紙とデジタル」があり続ける限り、というかメディアというものがある限り、ときどき浮上してくるんだろうなーと思いますが。

               

              とりあえず、そろそろ、いったん締めくくろうと。

               

              とにかく、情報の海で溺れないためにどうするか、だらだら長く書いてしまっているのですが、それはコピーライターである Tote が「書く側」として書いてきたなと、いまあらためて認識しております。

               

              では、読む側としては、どうかと。

               

              前回、情報の送り手も受け手も溺れてしまっていると書いたのだけど、それって、受け手である読む側としては100%有害なことかといえば、そうでもないのでは?と思ったんですよ。

               

              読む側からすると、情報の信憑性にこだわらず、ヒマなときにヨタ話や噂話なんかを楽しみたいこともあるよね(Tote自身、そうだもん)。

               

              ただ、仕事のなかで資料やネタを探すときは、信頼できるソースのみをゲットしないといけない。あくまでお金をいただいてすることですからね。

               

              要は、ネットの中には信頼できる情報とそうでない情報があることと、その区別の仕方がわかっていればいいのです。

              信頼できない情報を信じてしまうことが、情報に溺れる状態なので。

               

              本当にシンプルなことで、これだけ知っていればいいのだけどね。

              知らない人が本当に多いみたいです。

               

              これって、「教育」なんだと思う。

              近々、小学校からプログラミング教育が始まるらしいけど、メディアリテラシーも小学校から教えるべきだと思います。

               

              これで、この話題はいったん終わりです。

               

               

               

              banner_24.gif
              blogram投票ボタン
              にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
              fc2バナー

               

               

              | Tote(トート) | 16:29 | - | - |
              情報の海で溺れない 11
              0

                JUGEMテーマ:メディアリテラシー

                 

                1月25日の続きです。

                 

                いつの頃からか、ネットの中は情報の海になっていて、しかも信憑性も信頼性も低い(なかにはフェイクニュースなんてものもある)情報の方が圧倒的に多いので、非常に溺れやすい海なわけです。

                 

                しかし、溺れない方法がある。

                それは、つまり1次ソースを追えばいいんです。

                 

                Tote の資料探しのメインが図書館に戻りつつあると書いたけど、ネット検索をまったくしなくなったわけではありません。

                 

                ネットの中にも1次ソースはあるからね。

                少ないけど、見つけ方・見分け方はそれほどむずかしいことではありません。

                役所や企業の公式ホームページを見ればいいだけ。

                 

                そういうことで、情報の海で溺れないようにするのは、さほどむずかしいことではないのですよ。泳ぎ方を知っていれば。

                 

                だけど、ネットの中が信憑性のない情報であふれてしまうのは、泳ぎ方、つまり資料の探し方を知らない人たち(知っていてあえて知らないフリをしている人もいる?)がプロとして情報を発信してしまっているから。

                 

                その結果、情報の送り手も受け手もいっしょに溺れてしまったというのが、あのD社の騒動だったのでは、とTote は思っています。

                 

                そして、問題なのが、溺れている多くの人(特に「読者」の立場の人)が溺れていることに気づいていないこと。

                 

                続きます。

                 

                 

                 

                 


                blogram投票ボタン
                にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                banner_24.gif


                fc2バナー

                 

                | Tote(トート) | 11:36 | - | - |
                情報の海で溺れない 9
                0

                  JUGEMテーマ:メディアリテラシー

                   

                  1月16日の続きです。

                   

                  「情報の海で溺れないようにするにはどうすればいいか?」このテーマで書き始めて、とちゅうで例のD社の騒動もあったこともあり、うーん、ダラダラ長くなってしまっております。

                   

                  とはいえ、マウスイヤーのネットの世界では、あの騒動も遠い昔のことになるんだろうな。

                   

                  だけど、情報の海で溺れないための方法は、ネットでもリアルの世界でも、何十年単位くらいなら時代が変わっても、Tote は同じだと思っております。

                   

                  それに深く関わるのが、モノを書くための段取りである調査分析の部分。

                  ここがしっかりしていれば、信頼できる文章=情報となるわけ。

                   

                  で、その調査分析の時間を圧縮できるかという、前回の記事の続きです。

                  まー、これが、どうなんでしょう。

                   

                  調査分析の作業にもフローがあって、まず資料を集めなければいけません。

                  それから、資料を読み込んで、自分なりに分析しながら、自分の論を組み立てていくという流れになります。

                   

                  分析や構成は、つまり考える時間なんだけど、これって圧縮するとかの問題ではないわな。

                  だけど、資料集めの時間は効率化できそうです。

                   

                  ネットができる前、Tote はどうやって資料集めしていたかというと、ひたすら図書館に通っておりました。

                  公立の図書館をはじめ、商工会議所やジェトロや◯◯総研なんかのライブラリーもね。

                   

                  ネットが普及し出すと、おー、「事務所にいながらいろんな資料がゲットできる、こりゃ便利じゃないか!」となり、あまり図書館に行かなくなったのだけど、そういう時代はそれほど長く続かなかった。

                   

                  続きます。

                   

                   

                  banner_24.gif
                  にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
                  blogram投票ボタン

                  fc2バナー

                   

                   

                  | Tote(トート) | 14:50 | - | - |
                  情報の海で溺れない 8
                  0

                    JUGEMテーマ:メディアリテラシー

                     

                    1月9日の続きです。

                     

                    Tote の好きな言葉に「段取り八分」というのがある。

                    段取りがしっかりできていれば、仕事はほぼできたと同じという意味。

                    昔から職人さんがよく使う言葉ですな。

                     

                    ずっと、つくる系の仕事をしてきた Tote としては、何をつくるにもこの通りだと思うんですよ。文章というモノも、そう。

                     

                    ライターのことをモノ書きというのは、字を書き連ねて文章をつくり上げるからですが、Tote の場合、1つのモノを書く仕事にかかる全体の時間を10として、実際に手を動かして文を書いている時間は3から2くらい。

                     

                    あとの7から8の時間は調査分析にかかっている。

                    まさに、調査分析は「段取り」の部分で「八分」なんですな。

                     

                    そして、調査分析がしっかりできていれば、文章はほぼできたと同じということ。

                    逆にいえば、調査分析がちゃんとできていなかったり、いいかげんだったりすると、文章はできないことになります。

                     

                    ここで、前回の記事でいっていた作業時間の短縮なのだけど、実際に書く時間を短縮するのはむずかしい。

                     

                    そこで、この段取りにあたる調査分析にかける時間を調査や分析内容のクォリティを落とさずに短縮できるかということになる。

                     

                    続きます。

                     

                     

                     

                    banner_24.gif
                    にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
                    blogram投票ボタン

                    fc2バナー

                     

                    | Tote(トート) | 11:34 | - | - |
                    情報の海で溺れない 7
                    0

                      JUGEMテーマ:メディアリテラシー

                       

                      12月23日の続きです。

                       

                      情報の海で溺れない 5 で書いた文章という「商品」を作るための(おおざっぱな)プロセスをもう1回載せます。

                       

                      1. テーマを考える、決める

                      2. テーマについて調べる、分析する

                      3. 論点を整理してまとめる(構成を考える)

                      4. 原稿を書く

                      5. 編集、校正のあと修正して仕上げる

                       

                      くり返しになるけど、どんな状況でも、どんなタイプの文章(新聞記事でも、取扱説明書でも、エッセーでも、学術論文、etc)でも、このプロセスのどれをすっ飛ばしても、モノ(商品)として成立しないんですよ。

                       

                      しかし、安く短期間で大量の記事を集めようとすると(ネットの世界では、そういうことが多いらしい)、どれかのステップを省略するか作業時間を極端に短縮するしかない。

                       

                      ステップを省略すると、(あの騒動のように)粗悪品どころか商品として成立しません。

                       

                      それなら、作業時間を短縮することになるんですが、その場合、(編集者とライターのコミュニケーションが円滑だったとして)上の手順の4と5はタイピングの速度を上げるくらいしかできないのです。

                       

                      では、1から3までの作業手順、つまり調査分析という作業にかかる時間を短縮できるのか、ということになりますな。

                       

                      ところで、ライターの通常業務としてのこの1から5までの作業にかかる時間配分なのですが、大きく、1から3を調査分析、4と5を原稿作成の2つに分けられると思う。

                       

                      ウェブが仕事に入ってくるまでは、Tote の場合、調査分析:原稿作成の時間配分の比率は7:3 か 8:2 でありました。

                       

                      続きます。

                       

                       

                       

                       

                      banner_24.gif
                      にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
                      blogram投票ボタン

                      fc2バナー

                       

                      | Tote(トート) | 21:55 | - | - |

                      Calendar

                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode